주요 기사 바로가기

「慰安婦碑撤去」署名運動…今度はホワイトハウスに働きかけ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.05.28 08:24
0
日本人がホワイトハウスのウェブサイトで、ニュージャージー州パリセーズパーク公立図書館に設置された日本軍慰安婦碑の撤去などを要求する署名運動を行っていることが明らかになった。

10日に始まったこの署名運動は、慰安婦碑など日本人を対象にした「国際的いやがらせ(International Harassment)」に対し、オバマ政権が支持を中断すべきだというメッセージを骨子としている。

このオンライン請願は、日本人と推定される「Yasuko R」が開設した。「Yasuko R」は署名運動を始めた趣旨として、「慰安婦に関する虚偽の主張で長期にわたり日本人は不名誉を感じてきた。最近、こうした主張は操作されたものだということが明らかになった」という論理を出した。続いて「慰安婦碑と現在推進中の慰安婦追慕道造成事業などは、米政府がこうした虚偽の主張を後押しするものだ」とし「これは歴史の偽りを広めるだけでなく、人種紛争を起こし、日本の先祖に苦痛を与える行為」と主張した。

24日午後3時現在、署名者は4759人で、ほとんどが日本人。ホワイトハウスウェブサイトでの署名運動は、30日以内に2万5000人の署名を確保すれば、ホワイトハウスから公式立場の通報を受けることになる。また妥当性が認められれば面談の機会も得られる。

日本政府と民間人がパリセーズパークタウン政府とニューヨーク市の議員を対象に慰安婦追悼事業妨害工作を行ってきたのに続き、ホワイトハウスを対象にロビー活動を始めたため、韓国政府と韓国人社会のより根本的な対応策の準備が求められる状況だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「慰安婦碑撤去」署名運動…今度はホワイトハウスに働きかけ

    2012.05.28 08:24
    뉴스 메뉴 보기
    ホワイトハウスウェブサイトの「慰安婦碑撤去」署名コーナー。
    TOP