주요 기사 바로가기

OECD幸福指数、韓国は36カ国中24位…豪州が1位

ⓒ 中央日報日本語版2012.05.23 17:56
0
オーストラリアが世界で最も幸せな国だと、OECD(経済協力開発機構)が23日明らかにした。

国内外メディアの報道によると、OECDが36カ国を対象に所得、雇用、住宅、保健など11項目の幸福指数を評価した結果、オーストラリアがノルウェーと米国を抑えて1位になった。

韓国の幸福指数は36カ国中24位だった。 調査によると、韓国は教育水準や学業成就度の面では高い点数を受けたが、労働時間と雇用環境は最下位の点数を受けた。特に労働時間は、OECD平均の1749時間より444時間も多い2193時間だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP