주요 기사 바로가기

児童4人に性犯罪、韓国で初の化学的去勢へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.05.23 15:43
0
韓国で昨年7月に「性暴力犯罪者の性衝動薬物治療に関する法律」が施行されて以来、初めて「化学的去勢(Chemical Castration)」の対象者が出てきた。

法務部は21日、治療監護審議委員会(委員長、キル・テギ法務部次官)を開き、児童性犯罪犯のP(45)に対し、全会一致で性衝動薬物治療命令を出した。 現在、慶尚北道北部第3矯導所に収監され、保護監護中のPは23日、公州(コンジュ)治療監護所で初めて薬物治療を受けることになる。

今年8月の仮出所後、自宅で生活しながら3カ月ごとに一度ずつ保護監護期間(3年)、薬物の注射を受ける。 現行法上、化学的去勢は16歳未満の児童を相手に性犯罪を犯し、懲役刑または治療監護、保護監護の宣告を受けた19歳以上の性的倒錯症犯罪人で、再犯の危険がある場合に限り適用される。

単に勃起しないようにするのではなく、男性ホルモン(テストステロン)のメカニズムを調節し、性欲自体を抑制させる治療法だ。 物理的去勢とは違い、ホルモン調節を通じて一定期間、性衝動を抑制する。 性犯罪者を法律違反者とのみ見なすのではなく、患者と考えて治療をするということだ。 このため心理治療や認知治療など精神科治療を併行する。 現在、米国と欧州の複数の国で施行中だ。

法務部によると、Pは1984年から2002年の間、ソウル・仁川(インチョン)などで計4回にわたり、13歳未満の児童4人に性的暴行を加えた。 Pは出所から2、3カ月後にまた児童性犯罪を繰り返し、約20年間にわたり服役した。 精神鑑定の結果、性的倒錯症(小児性嗜好症)患者と判明し、化学的去勢の対象者に決定された。

Pに投与される薬物は性腺刺激ホルモン(黄体ホルモン)拮抗剤「リュープリン(leuprolide)」。 リュープリンを注射で人体に投与すれば、薬物が脳下垂体に作用して性腺刺激ホルモンを分泌させ、このホルモンが皐丸のテストステロン分泌を抑制し、性衝動を抑制することになる。

法務部は「Pは3カ月ごとに指定治療監護所でリュープリンの投与を受けることになり、6カ月ごとにホルモン定期検査を受ける」と明らかにした。 もしPが化学的去勢効果を相殺する薬物を服用する場合、7年以下の懲役または2000万ウォン(約135万円)以下の罰金刑を受ける。 Pは保護観察官の集中観察の中で電子足輪も付ける。

初の化学的去勢施行に対する懸念も少なくない。 医学界は、心肺疾患や骨粗しょう症・筋委縮症などの副作用が生じるおそれがあると警告している。 これに対し法務部のキム・ヒョンリョル保護法制課長は「リュープリンは前立腺がん治療剤として使われる薬物なので、副作用の心配はほとんどない」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP