주요 기사 바로가기

最近の欧州系資金の離脱…セルコリアではなく「セルサムスン・現代車」にすぎない

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.05.18 09:09
0
ロリー・ナイト元スイス中央銀行副総裁は欧州ファンドマネジャーの間で韓国通として知られている。00年に自身の投資顧問会社を設立した後、韓国経済・企業を英国とユーロ圏に知らせているからだ。

最近、韓国市場を紹介する報告書を出したナイト氏に電話でインタビューした。韓国に投資した欧州ファンドの動向を詳しく把握している人は珍しい。

--欧州ファンドが「セルコリア(Sell Korea)」をしている。

「ヨーロッパが炎上している。財政・金融危機の真っ最中だ。ファンドマネジャーは暇さえあれば株式を処分して現金を確保している」

--近くで見るスペインとギリシャは。

「ここロンドン金融市場の専門家は、スペインが救済金融を申請するしかないとみている。こうした分析と結論に100%同意する。スペインには隠れたリスクが一つある。地方政府だ。その財政状態は驚くほどのレベルだ」

--スペインが救済金融を申請すればどうなるのか。

「スペイン経済はギリシャに比べて数倍大きい。ドイツ・フランスも救済する能力はない。ギリシャが離脱してもユーロ圏は生き残れるが、スペインが離脱を宣言すれば終わりだ」

欧州危機に関するナイト氏の説明は長く続いた。途中で話を切って韓国に投資した欧州系資金に話題を変えた。ナイト氏の口からやや変わった話が出てきた。

--欧州ファンドが韓国を悲観的に見ているか。

「正直言うと、欧州ファンドのマネジャーは韓国のマクロ経済をあまり知らない。ただ世界的に知られているサムスン・ポスコ・現代(ヒョンデ)自動車などに関心があるだけだ。それ以外の企業については全く知らないといえる」

--それが最近のセルコリアと何の関係があるのか。

「(マネジャーは)韓国経済がどれほど堅調で、この数年間どれほどの成果を上げたのかを知らない。米国と欧州が危機だから欧米市場への依存度が高いサムスン・現代車を売っている。マネジャーが韓国内需市場や中国消費財市場に依存する韓国の中堅企業を発掘し、保有していれば、このようには売ってはいないだろう」

--欧州ファンドが分散投資原則を守っていないという話に聞こえる。

「それが私が言いたいことだ。欧州ファンドが分散投資するとしてサムスン・現代車の株を買った。ところが先進市場が危機を迎えると、これらの企業まで揺れるようだ。これがセルコリアをする本当の理由だと考える」

ナイト氏は報告書で「韓国50-300位企業に注目すべき」と強調した。これら企業に投資してこそ、アジア市場の成長による果実を共有できるという理由からだ。

--韓国の中堅企業は先進国ファンドを満足させられるだろうか。

「(笑いながら)私はこの10年間、韓国を何度も訪問したが、韓国の投資家も中堅企業の価値を理解していなかった。簡単に言うと、南北が和解すれば最も大きな利益を得る企業がこうした企業だ」

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    最近の欧州系資金の離脱…セルコリアではなく「セルサムスン・現代車」にすぎない

    2012.05.18 09:09
    뉴스 메뉴 보기
    ロリー・ナイト元スイス銀行副総裁。
    TOP