주요 기사 바로가기

中国漁船3隻が西海で拿捕…北朝鮮軍の仕業と推定 「身代金払わなければ殺害」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.05.18 08:32
0
8日に西海(ソヘ、黄海)上で操業中だった中国漁船3隻を拿捕した北朝鮮船の関係者が、120万元(約1500万円)を送金しなければ船員を殺害すると脅迫したと、中国メディアが17日伝えた。

この船は北朝鮮軍の快速艇と伝えられ、中国にいる人物に身代金を渡すよう指示したことが確認された。このため腐敗した北朝鮮軍と一部の犯罪組織が連係して漁船を拿捕した可能性も提起されている。3隻の漁船には計29人の船員が乗っていた。

17日の新京報や環球時報など中国メディアによると、遼丹23527号の姜中国船長は15日、「8日午後1時ごろ、中国の黄海で遼丹23528号とともに網引きをしていたところ、突然、高速の軍用快速艇が接近してきて23528号を拿捕した。快速艇には4、5人が乗っていたが、青の制服と帽子をかぶっていた」と話したという。

当時、現場周辺にいた遼丹23536号もこの快速艇に拿捕された。姜船長はすぐに西側(中国側)に船を向けて操業海域を抜け出した。漁船が操業していた場所は、北朝鮮海域と隣接した中国海域だったというのが姜船長の主張だ。

これに先立ち8日午前4時ごろ、23528号が拿捕された付近の海域で操業中だった遼丹23979号が、北朝鮮の快速艇とみられる船に拿捕されたと、一緒に操業していた中国漁船の関係者らが明らかにした。

23536号の漁船の韓強船長は拿捕された翌日の9日午前、船主の張徳昌さんに電話をかけ、「北朝鮮側の関係者が1隻当たり40万元ずつ計120万元を出せば船と船員を解放すると話している。船にあるすべてのものは奪われ、9人の船員は3平方メートルの船室に閉じ込められている。見張り役は銃を持っていて、食べ物も与えない」と伝えた。

船主の張さんは16日、「北朝鮮側の関係者が何度も電話をかけてきて、1隻当たり40万元を丹東にいる人物に送金しろと脅迫し、17日まで送金しなければ船を売って船員を処理すると話している。向こうの電話番号は毎回変わっている」と述べた。

これに関し遼寧省大連市の海洋警察側はこの日、「拿捕者が船員を解放すると話し、その条件を交渉するため12日に約束された場所に関係者が行ったが、誰もいなかった」と明らかにした。

中国広播網は、今回の事件が身代金を狙った腐敗した北朝鮮軍人と中国内の犯罪組織「黒社会」が結託して起こした拉致事件である可能性があるとみている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP