주요 기사 바로가기

15万人犠牲の沖縄「私たちは豚」自嘲 なぜ?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.05.17 09:14
0
「沖縄人は豚ですか?」。沖縄の日本返還40周年を扱った朝日新聞の企画記事の見出しだ。この表現は、沖縄県で昨年公演された演劇「わーわー(豚、豚)」にちなんだものだ。この演劇で、豚は人間の社会に組み込まれ、笑われ、無視される。沖縄人の哀歓と絶望を扱ったこの演劇は、沖縄の人を人間に差別される「豚」、日本本土の人を「人間」として描いている。自作戯曲を舞台にした沖縄出身の劇団座長、比嘉陽花さんは朝日新聞の質問にこう答えた。「やっぱり私たちは『豚』なんだ」。

‘日本の不都合な真実’沖縄が15日、返還40周年の「不惑」を迎えた。第2次世界大戦当時、米軍は日本本土上陸のための中間拠点として沖縄を占領した。当時、住民4人に1人、約15万人が犠牲になった。日本本土は1951年に米軍の統治から抜け出したが、沖縄は違った。「ソ連と中国に対抗する米軍のアジア前哨基地」という戦略的な価値のため、その後21年の歳月が流れてから日本に返還された。

日本本土と台湾の間の東中国海(東シナ海)上の有人島49島と多数の無人島からなる沖縄の面積は日本の国土全体の0.6%にすぎない。しかし日本の米軍施設全体の73.9%がここに集まっている。このため「沖縄=米軍基地」は日本人には崩しがたい公式となり、沖縄は「なぜ私たちが日米同盟と日本の防衛の責任を一手に引き受けなければいけないのか」と主張している。

72年の日本返還当時、佐藤栄作首相は沖縄も日本人とともに喜びと悲しみを分かち合えるようになったと述べたが、40年が過ぎた今も沖縄人にとっては空虚な言葉だ。かつて大都市の食堂の前に「沖縄人お断り」という紙が貼られるほど深刻だった差別は消えたが、沖縄の現実は厳しい。住民の平均所得は日本全体平均の70%にすぎず、逆に政府に対する財政依存度は40%にのぼる。

15日、沖縄宜野湾市のコンベンションセンターで開かれた返還40周年記念式は、外の風雨の天気のように憂うつな雰囲気だった。最大の懸案の普天間基地移設問題のためだ。普天間米軍基地は人口密集地域である宜野湾市の4分の1にのぼる重要な土地を占めている。95年の米海兵隊員による女子中学生性暴力事件をきっかけに、日米両国は96年、この基地の移転に合意した。あれから16年が過ぎたが、まだ進展はない。沖縄県内の辺野古に基地を移すという日本政府の方針に対し、沖縄県は「県外に移設するべきだ」と反旗を翻している。

日本政府の対処はコメディーに近かった。鳩山由紀夫氏は09年の総選挙の前、「普天間を沖縄県外に移設する」と約束したが、首相になって約束を覆すなど、あたふたして首相から退くことになった。15日の返還記念式でも野田佳彦首相と仲井真弘多沖縄県知事の隔たりは狭まらなかった。いまや普天間は虚弱な日本リーダーシップを見せる恥ずかしい象徴になり、沖縄の不信感はさらに激しくなっている。

特に今年、沖縄県の大学生が課題で提出した「沖縄の未来」リポートで受講生20人全員が「日本から独立するのが一つの方法」と主張し、日本社会に衝撃を与えていると朝日新聞は伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    15万人犠牲の沖縄「私たちは豚」自嘲 なぜ?

    2012.05.17 09:14
    뉴스 메뉴 보기
    沖縄宜野湾市の中心部にある普天間米軍基地。
    TOP