주요 기사 바로가기

JYJジュンス「放送活動はできないと仮定してアルバム準備した」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.05.16 16:22
0
JYJのキム・ジュンスがソロアルバム「XIA-TARANTALLEGRA」について、「8年目という経歴に恥じない、プライドが染み込んだアルバム」と話して満足感を示した。

16日、ソウル中区(チュング)のロッテホテルで開かれたソロアルバム発売記者会見で、ジュンスは「グループ活動8年目で初のソロ(アルバム)を出せることになり感激している」とし「タイトル曲『TARANTALLEGRA』は大衆性は度外視して、最も自分らしい音楽は何かという悩みから生まれた。これまでの音楽と似ているものは避けようと、新鮮なサウンドを採用した。毛色の全く違った音楽ができて満足している」と語った。

続いて「ダンスミュージックにストリングを加え、ミュージカルで学んだティンパニの音を入れた。現代的な雰囲気に合わせてシンセサイザーの音を入れた」とし「この歌は単なる音楽ではなく、ヘアスタイルや衣装、振り付け、プロモーションビデオ映像に至るまで、すべてが完結性のあるひとつの作品」と説明した。そして「タイトル曲だけではなく、全12トラックをさまざまな(ジャンルの)音楽で構成した。R&Bやバラードなど音楽的な多様性や実験を経た」と明らかにした。

ジュンスは12トラックのうち、8曲を自ら書いている。JYJメンバーのキム・ジェジュンは「No Gain」を作曲してジュンスに贈った。ジュンスは「ジェジュンは忙しい中で、ボーカル指導もしてくれた。ジェジュンの指導のときは、他の作曲家のときよりも緊張した」と笑った。

今月19日と20日の2日間、ソウル蚕室(チャムシル)室内体育館でソロコンサートを行うジュンスは、「2時間のステージを1人でこなしたことがないので楽しみでもあるが心配でもある」とし「ソロコンサートがアジア7カ国ツアーとして開催できることになり、ありがたく心が躍る」と伝えた。また「各国のファンのために、各言語を勉強中」とも語った。

放送出演を活発にできない状況について「気落ちすることだが、ユーチューブ(You Tube)などネットを通じて世界のファンと交流できる機会がオープンになっているので、大きな障害とは思っていない」とし「『TARANTALLEGR』のプロモーションビデオにも多大な制作費を投入した。放送には出られないが、オンラインを通じてたくさんのファンに披露できるから投資することができた」と明らかにした。

“XIA(シア)”は東方神起時代に使っていた活動名だが、これをアルバムに使った理由について、ジュンスは「実はジェジュンやユチョンさんは、この名前があまり好きではない。私はシアという名前が好きだ。私のアイデンティティーすべてを込めるべきアルバムなので、シアという名前を使うのは当然だと思った。どうしてシアなのかと質問されるほうが不思議」と話した。

アルバム作りの過程については「JYJから初めてソロ歌手が出るということで、“最初のボタンをうまくかけなければならない”という大きなプレッシャーがあったのは事実」とし「放送活動はできないものと仮定してアルバム準備をした。気が萎えてしまうことだが、放送活動ができないからこそ、音楽やプロモーションビデオなどのクォリティーに気を配った。大変だったが幸せで楽しい過程だった」と明らかにした。

ジュンスは「アルバムのポイントは他と差別化を図ることだったので、『8年目だからか、本当に違う』との評価に一番満足を感じ、パワーをもらった」と嬉しそうだった。続けて「海外のコンサートと並行しながらソロアルバムもできるという自信が生まれた。実はドラマ出演の話もあったが、ドラマのことを考えると喜びよりも心配が先行した。自分の得意なことをしようと思い、ソロ歌手を決意した」とし「アルバム作りの過程で幸せを感じた。タイミングよく、良いアルバムがリリースできたようで胸がいっぱいだ。あきらめないで一生懸命に音楽をしたい」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    JYJジュンス「放送活動はできないと仮定してアルバム準備した」

    2012.05.16 16:22
    뉴스 메뉴 보기
    16日、ソウル中区(チュング)のロッテホテルで開かれたソロアルバム「XIA-TARANTALLEGRA」の発売記者会見に登場したJYJのキム・ジュンス。
    TOP