주요 기사 바로가기

ク・ハラのパンチラ写真、「チラリズム」好む日本の趣向?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.05.15 10:21
0
日本の成人雑誌がKARA(カラ)のク・ハラのスカートの中の写真を表紙に掲げ韓国のネットユーザーが憤怒したが、これは日本人の性文化認識から始まったものという解釈が出てきた。

日本のニュースポータルJ-CASTは14日、日本では女性スターの不適切な写真を簡単に見ることができ、一部の韓国人ネットユーザーの主張のように「嫌韓」のためではないと伝えた。

性文化が開放的な日本ではゴシップ性週刊誌にスターの不適切な写真が頻繁に掲載される。ミニスカートの下に現れる脚や袖なしの服の間から見える下着のひもの写真が掲載される時もある。日本ではこうした写真を専門に撮るカメラマンも存在する。このような性向を日本では「チラリズム」という。

日本の芸能人は意図しない露出写真を撮られても損害賠償請求訴訟を起こすことはほとんどないという。雑誌と女性スターの間に一種の「共生関係」があるためだ。今回のク・ハラ写真騒動は韓国と日本の性に対する認識の違いを示すとJ-CASTは伝えた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ク・ハラのパンチラ写真、「チラリズム」好む日本の趣向?

    2012.05.15 10:21
    뉴스 메뉴 보기
    ガールズグループのKARA(カラ)。
    TOP