주요 기사 바로가기

ディズニーワールドから学ぶ韓流テーマパーク戦略(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.05.08 17:48
0
韓国も最近はこうした分野に目を向けているが、まだまだ先は長い。 ちょうど「韓流」ブームが起きているため、これを潜在的な観光商品に育てるべきだろう。 実際、人気アイドル・ガールズグループやドラマによる海外韓流のおかげで、最近、韓国を訪れる外国人観光客は急増している。 ペ・ヨンジュンの「冬のソナタ」に登場した住宅や中央高校を訪問して記念写真を撮影する。 ドラマ「チャングム」の撮影セット場も人気だ。 ペ・ヨンジュンの足跡をたどって江原道春川(カンウォンド・チュンチョン)の南怡島や三陟まで行く外国人観光客も多い。

しかしここまでだ。 韓流ドラマの感動を昇華させる総体的コンテンツが足りない。 見どころが散在していて、多くの場所を訪れるのは容易でない。 こうした観光商品をいくつかの場所に集めることはできないだろうか。 韓流ドラマ・映画を見た時の感動を呼び起こせるストーリーテーマパークを造成するのはどうだろうか。 ディズニーワールドやユニバーサルスタジオのような「韓流リゾート」は不可能なのか。 「チャングム館」では国楽を聴きながら「チャングム」と韓国伝統をテーマとするショーを見る。 「K-POP館」に入れば少女時代やスーパージュニア、Rainなどの歌手が登場し、鮮やかなダンスとともに歌を聴かせる。 「アイリス館」はどうだろうか。 訪問客がスパイになり、拳銃を握って「サバイバルゲーム」をする。 「オールイン館」ではギャングとの対決を内容とするテコンドーショーを見る。 有名芸能人の「蝋人形館」に入れば、人形を抱きながら一緒に記念撮影をする。 ドラマがヒットする度に関連展示物を追加すれば、観光客も繰り返し訪問するだろう。 米国国民がディズニーワールドとユニバーサルスタジオを何度も訪れるように。

イタリアのベローナは観光客を誘致するためにロミオの家にバルコニーを設置した。 「ロミオ」は英国のシェークスピアの小説だが、今日もベローナには数多くの観光客が集まり、そのバルコニーを撮影する。 フィンランドのサンタ村も観光客を引き寄せる力がある。 サンタがいないことを知りながらも、観光客は喜んでだまされる。 韓国・日本人は三国志の舞台を見るために中国成都に行く。 ストーリーと体験の力だ。

韓半島にも名勝地や歴史遺跡が多い。 しかしストーリーを前面に出すケースは多くない。 映画・ドラマ撮影場を見てもそうだ。 ペ・ヨンジュンとチェ・ジウの童話のようなラブストーリーを美しい自然と結びつけた外島と南怡島は珍しい成功例だ。 人気ドラマを撮影した後に全国の各地に残したセット場は景観を害するものに変わる。 ストーリーが残る余地もなく、すぐに来訪客も急減する。

美しい自然景観や優れた建築物を誇るところもストーリーがなければ面白みや感動は少ない。 江原道華川郡の山川魚祭りや京畿道加平郡のジャズフェスティバルに毎年多くの観光客が集まるのも体験観光の威力だ。 ハードウェアとソフトウェアが結びついてこそ観光・レジャー産業が繁盛する。 「観光韓国」のスローガンを繰り返し叫ぶよりも、こうしたプロジェクト成功例を一つずつ実現させてみるのはどうだろうか。
ディズニーワールドから学ぶ韓流テーマパーク戦略(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP