주요 기사 바로가기

トヨタの反撃…4月の米国市場で販売台数11.6%増

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.05.03 08:59
0
1/2
トヨタ自動車の「カムリ」。
昨年、東日本大震災とタイの洪水のため米国自動車市場で苦戦したトヨタが反撃を始めた。4月の米国市場での販売台数は17万8044台で、前年同月比11.6%増加した。地震と洪水で支障が生じた部品の調達が正常化し、主力車種「カムリ」の販売が大きく増えたためだ。

米ビッグ3ではクライスラーの躍進が目立った。4月のクライスラーの販売は前年同月比20.4%増えた。イタリアのフィアットが買収した後、米国市場に出した「フィアット500」ミニカーが善戦した。さらにピックアップトラック「ラム」の販売台数が19%増え、クライスラーの回復を牽引した。

欧州ブランドも善戦した。メルセデスベンツが27.8%増、アウディが15%増、フォルクスワーゲンが31.5%増となった。

これとは対照的に現代・起亜(ヒョンデ・キア)車の成長にはブレーキがかかった。現代車の4月の販売は0.8%増、起亜車は1%増にとどまった。現代の主力車種「ソナタ」の販売は前年同月比、前月比ともに減った。起亜車の看板車種「オプティマ」も前年同月比では68.7%増えたものの、前月比では減少した。

昨年から米国自動車の反撃を主導してきたフォードとGMの販売も停滞した。フォードの販売台数は4.8%減、GMは8.2%減となった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP