주요 기사 바로가기

「三角タックル」に足をつかまれる韓国の輸出…不況型黒字継続か(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.05.02 08:41
0
「ワントップ」で韓国経済を率いてきた輸出の動きが尋常でない。3月に続き4月も増加率がマイナスを示しスランプが続いている。

知識経済部が1日に明らかにしたところによると、先月の輸出は前年同月より4.7%減った463億ドル、輸入は0.2%減少した441億ドルを記録した。貿易黒字は22億ドルで、3カ月連続で黒字を継続した。だが、輸出と輸入がともに縮んで生まれた「不況型黒字」というタグがついた。

輸出が減った直接的原因は先月の総選挙でできた休日だ。昨年の同じ月に比べ輸出できる営業日数が1日ほど減った。韓国の1日平均輸出額は20億ドルほどと侮れない変数だ。だが、これを考慮しても今年に入って輸出が弾力を失ったのは事実だ。その上見通しもそれほど明るくない。根本的理由は▽欧州の財政危機持続▽中国の輸出萎縮▽日本の円安傾向への転換という「三角タックル」だ。欧州への輸出が振るわないことは予想されたことだ。だが、問題はその余波が最大市場の中国へと拡大しているという点だ。

昨年2けたの14.8%だった対中輸出増加率は今年に入ってからは1月がマイナス2.4%、2月が9.7%、3月がマイナス4.1%、4月が1.7%と明確に減っている。中国の欧州向け輸出が急減し、韓国から中国へ向かう中間材輸出も打撃を受けているためだ。

知識経済部のハン・ジンヒョン貿易投資室長は、「今年に入って中国の対欧州連合(EU)輸出は前年比マイナス水準と推算される。中国の輸出が鈍化の水準を超えマイナスに行くのは予想できなかったこと」と話した。このため輸出5950億ドル、貿易黒字250億ドルとした今年の政府見通しも修正は避けられない見通しだ。ハン室長は、「見通し修正は上半期末に検討するだろうが年初予想値よりは多少減るだろう」と予想した。そんな中で頼れるのは「自由貿易協定(FTA)効果」程度だ。米国市場への輸出は2月が47.3% 増、3月が27.7%増、4月が5.6%増と相対的に良好な方だ。特に自動車部品が22.0%増、繊維が17.2%増など関税の恩恵を多く受ける品目が善戦している。
「三角タックル」に足をつかまれる韓国の輸出…不況型黒字継続か(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「三角タックル」に足をつかまれる韓国の輸出…不況型黒字継続か(1)

    2012.05.02 08:41
    뉴스 메뉴 보기
    韓国経済を率いてきた輸出の動きが、3月に続き4月も増加率がマイナスを示しスランプが続いている(写真は資料)。
    TOP