주요 기사 바로가기

<2012ロンドン五輪サッカー>韓国、最高の組み合わせに

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.04.25 08:27
0
これ以上のものはない。韓国が24日(日本時間)、英ロンドンのウェンブリー競技場で行われた2012ロンドンオリンピック(五輪)サッカー本大会の組み合わせ抽選の結果、メキシコ・スイス・ガボンと同じB組に入った。

メキシコはトップシード4チームのうち最もやりやすい相手だ。スイスとガボンも十分に戦える相手という評価が多い。史上初の五輪メダルを目標にしている韓国にとっては最高の組み合わせとなった。

国際サッカー連盟(FIFA)は英国(A組)・メキシコ(B組)・ブラジル(C組)・スペイン(D組)の4カ国をトップシードに決めた。残りの出場国は大陸別にポットを分け、韓国は日本・アラブ首長国連邦(UAE)・ニュージーランドと同じポット3に含まれた。ポット1は欧州4カ国(英国・ベラルーシ・スペイン・スイス)、ポット2は南北米4カ国(ブラジル・ウルグアイ・メキシコ・ホンジュラス)、ポット4はアフリカ4カ国(エジプト・ガボン・モロッコ・セネガル)となった。

トップシードと同じポットに属するチームは同じ組に入らないのが原則だ。例えば英国はトップシードで、ポット1に属するため、ベラルーシ・スペイン・スイスの3カ国はA組に入らない。

抽選の結果、韓国は最初にB組に入った。続いてスイス・ガボンが合流し、B組が完成した。メキシコは昨年の北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)ゴールドカップで優勝し、トップシードが与えられた。しかし、開催国で単一チームで五輪に出場する英国、成人代表チームが世界最強のスペイン、サンバサッカーのブラジルなど、他のトップシード国に比べるとやりやすい相手だ。韓国は五輪代表の成績でメキシコに2勝1分けとリードしている。もちろん油断は禁物だ。

トップシードに選ばれなかったスイスとガボンも戦力は高い。特にスイスは韓国代表が06ドイツワールドカップ(W杯)本大会で0-2で敗れた痛恨の記憶がある。スイスは昨年のU-21(21歳以下)欧州サッカー連盟チャンピオンシップで準優勝している。ガボンはアフリカ地域予選1位で、初めて五輪出場を決めた。

洪明甫(ホン・ミョンボ)監督は「相手チームのイメージよりも、現在そのチームがどれほどの実力を備えているかを把握するのが重要だ」とし「対戦する3チームすべてが警戒対象」と述べた。また「これから五輪本大会体制で入って、本格的に準備する」と強調した。

韓国はオリンピック開幕前日の7月26日、メキシコと組別リーグ第1戦を行う。その後、30日にスイス(18位)、8月2日にガボン(42位)と対戦する。

一方、日本はスペイン・ホンジュラス・モロッコと同じD組に入った。ホームチームの英国はA組でセネガル・ウルグアイ・UAEと対戦することになった。C組にはブラジル・ベラルーシ・ニュージーランド・エジプトが入った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <2012ロンドン五輪サッカー>韓国、最高の組み合わせに

    2012.04.25 08:27
    뉴스 메뉴 보기
    洪明甫(ホン・ミョンボ)監督。
    TOP