주요 기사 바로가기

ブロードウェイより韓国? K-ミュージカル、日本を揺るがす(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.04.24 17:51
0
K-ミュージカルインベージョン(空襲)。決して誇張ではない。 日本で韓国ミュージカルの人気と拡張の勢いはそれほど激しくて速い。

ドラマ、映画、K-POPと続いてきた韓流が、今ではミュージカルにまで広がっている。 今年1年間に日本で公演される韓国ミュージカルは10作品ほど。 小劇場から大劇場まで作品の規模もさまざまで、ライセンスや創作など制作方式も多様だ。

市場規模が米国・英国に続き世界で3番目に大きい日本ミュージカル市場が、このように韓国ミュージカルに関心を持つのは異例だ。 間違いなく2012年は韓国ミュージカルの海外進出元年と記憶されるだろう。 なぜ日本人は韓国ミュージカルにはまったのか。

◇ブロードウェイより韓国?=今年7月に東京の銀河劇場(700席規模)に登場する「スリル・ミー」は、すでに日本国内で検証された作品だ。 昨年と今年3月に一種のプレビュー形式で小劇場舞台に登場したが、公演のチケットはほぼ完売となった。 このため7月の正式公演が決まった。 日本版「スリル・ミー」は日本の俳優によって公演される。 キム・ブヨル、チェ・ジェウンら韓国俳優が出演するスペシャル公演も5回ほど予定されている。

「スリル・ミー」は元々、米ニューヨークのオフ・ブロードウェイ作品だ。 韓国には07年に初めて紹介された。 児童誘拐事件と関連したミステリー物だ。 2人の男の緻密な心理戦と同性愛が奥妙かつ夢幻的に描かれていて、マニア層の絶対支持を受けた。

ここで一つ疑問が生じる。 なぜ日本は米国原作側と契約せず、これを輸入した韓国側と契約をしたのか。「韓国的な再解釈がより説得力があった」というのが日本制作会社側の回答だ。 「米国原作は非常に具体的だが、韓国はややあいまいな時間帯と‘私’と‘彼’という抽象的人物設定でむしろ共感の幅を広めた。 ピアノ伴奏一つで舞台を単純にしたのも新鮮だった」という。
ブロードウェイより韓国? K-ミュージカル、日本を揺るがす(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ブロードウェイより韓国? K-ミュージカル、日本を揺るがす(1)

    2012.04.24 17:51
    뉴스 메뉴 보기
    「ストリートライフ」。
    TOP