주요 기사 바로가기

金敬姫・張成沢を「ナンバー2」に置いて金正恩体制強化

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.04.13 15:38
0
11日の北朝鮮党代表者会で見られた党指導部人事は、当分は体制の安定化に力を注ぐという金正恩(キム・ジョンウン)の構想を表している。 金正恩はこの日、党の主要政策路線を決定する政治局常務委員会と委員、候補委員と、政策を執行する党の秘書に対する人事を行った。

まず叔母の金敬姫(キム・ギョンヒ)とその夫の張成沢(チャン・ソンテク)を、党の組織指導部を掌握し、ナンバー2の地位である組織担当秘書と政治局委員にそれぞれ布陣させ、体制を強化した。 またこの日、権力核心部に入った12人のうち9人を監察・公安と組織を担当する軍総政治局長、行政部長(公安担当)、国家安全保衛部の責任者らで構成した。 監視と公安機能を強化したのだ。

金日成(キム・イルソン)の右腕として活動した崔賢(チェ・ヒョン)の息子の崔竜海(チェ・ヨンへ)総政治局長は、党政治局常務委員に選出された。 パルチザンの象徴を前面に配置し、世代交代と正統性の確保という二兎を追ったのだ。 これは張成沢に対する牽制の意味もある。 崔竜海は、常務委員だった金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長、崔永林(チェ・ヨンリム)内閣首相、李英浩(リ・ヨンホ)総参謀長、この日常務委員長になった金正恩と北朝鮮のすべての国政について議論をして決めることになる。 李明秀(リ・ミョンス)人民保安部長と張成沢行政部長兼国防委副委員長、金元弘(キム・ウォンホン)国家安全保衛部長、玄哲海(ヒョン・チョルへ)人民武力部第1副部長(組織担当)など、北朝鮮の代表的な公安機関責任者らは政治局会議に出席し、発言権を持つ政治局委員になった。

リ・ビョンサム人民内務軍(国境警備隊)政治局長とチョ・ヨンジュン党組織指導部第1副部長は政治局会議参加権がある政治局候補委員に選出された。 当分は体制の安定化に力を注ぐ人的構成を整えたのだ。 さらに北朝鮮で最高の英雄と考えられているパルチザンの呉仲洽(オ・ジュンフプ)の甥・呉克烈(オ・グクリョル)国防委副委員長を候補委員に配置し、元老に対する優遇と正統性を支える装置を設けた。 経済再建のための経済担当者の場合、郭範基(クァク・ボムギ)党中央委秘書と盧斗哲(ロ・ドゥチョル)内閣副総理兼国家計画委員長だけだった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    金敬姫・張成沢を「ナンバー2」に置いて金正恩体制強化

    2012.04.13 15:38
    뉴스 메뉴 보기
    金正恩の叔母の金敬姫(キム・ギョンヒ)。
    TOP