주요 기사 바로가기

日本官僚・議員らが「竹島は日本の領土」集会に出席 韓国の反発が予想

ⓒ 中央日報日本語版2012.04.11 16:04
0
日本の官僚・議員らが多数出席した中、「竹島は日本の領土」と主張する集会が11日に開かれた。この行事には次官級の官僚が初めて出席し、国会議員も多数参加した。日本政府が独島(ドクト、日本名・竹島)領有権の主張を露骨化し、韓国政府の激しい反発が予想される。

「竹島・北方領土返還要求運動島根県民会議」はこの日午後、東京の憲政記念館で「竹島問題の早期解決を求める東京集会」を開いた。この集会は「日本の領土を守るため行動する議員連盟」(会長、山谷えり子自民党議員)が共同主催した。東京でこうした集会が開かれ、官僚や首相の側近が独島領有権主張に登場したのは今回が初めて。この日の集会には島根県と政界、政府、保守団体などから約800人が参加した。

島根県民会議は06年から毎年2月22日、島根県民会館で「竹島の日」行事を開催している。しかし日本政府の関係者が出席しないため、東京で集会を開き、官房長官と外相らの出席を求めた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP