주요 기사 바로가기

金正恩執権100日を分析<下>新世代権力の感性差別化?(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.04.10 17:41
0
その間の空白は、記念事業に包装したさまざまな金正日偶像化が満たしている。 ▽2011年12月31日の金正日記念切手発行▽1月5日の大赦免▽金正日総書記誕生日(2月16日)の光明星節制定▽金正日総書記の銅像(太陽像)設置、永生塔建設の決定▽大元帥呼称の付与▽2月5日の金正日勲章、金正日青年栄誉賞、金正日少年栄誉賞制定、136人の金正日勲章受章者発表▽2月9日の金・銀2種類記念コイン発行--など。 金日成の死去後の金正日の100日間にはなかったことだ。 「金正日を浮き彫りにしながら、金正恩が金正日を継承した人物だと強調する象徴操作」と指摘されている。

扇動性が強い労働新聞の政論が金正恩執権後に2倍に増えたのも感性政治と関係している。 死去前にはさまざまなテーマを扱っているが、死去後には金正恩に仕えるという内容が主流だ。金日成の死去後には政論は減っていた。 金正日を宣伝する必要が特になったという意味だ。

尹徳敏(ユン・ドクミン)安保統一研究部長は「94年に金正日は100日間ほとんど動かず、三回忌にも姿を現したり演説をしたりすることはなかったが、金正恩は笑顔を見せ、音楽会にも姿を見せている」とし「若者の感覚と見なせるが、自分を出していかないと知られない存在になるためであり、指導者になるための象徴操作・偶像操作段階」と分析した。 一方では、北朝鮮リーダーシップが金日成・金正恩の閉鎖的形態から開放化されているという見方もある。

感性に比重を置いている点に比べて、金正恩体制の思想強調は以前とほとんど変わっていない。 労働党の思想、政策路線、当面の課題の方向を提示する社説が労働新聞には100日間に14件が出ているが、死去前に比べて件数も内容も大差はない。 これは金日成死去後の金正日政権初期に「金日成の遺訓実現」を社説19回、「紙上演壇」9回、「偉大な嚮導シリーズ」17回などで強調したのとは対照的だ。 労働新聞の比較は、準備された指導者の金正日と準備されていない指導者の金正恩の差と、これを克服しようと金正恩が速度を上げる姿をはっきりと見せている。
金正恩執権100日を分析<下>新世代権力の感性差別化?(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP