주요 기사 바로가기

韓国プロ野球、きょう開幕…観客700万人時代開けるか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.04.07 11:12
0
韓国プロ野球のペナントレースがいよいよ始まる。2012プロ野球が7日、ソウル蚕室(チャムシル)、仁川文鶴(インチョン・ムンハク)、大邱(テグ)、釜山社稷(プサン・サジク)の全国4球場で開幕する。

今年のプロ野球は大きな期待を集めている。朴賛浩(パク・チャンホ、39、ハンファ)、李承ヨプ(イ・スンヨプ、36、サムスン)、金炳賢(キム・ビョンヒョン、33、ネクセン)、金泰均(キム・テギュン、30、ハンファ)の‘海外組ビッグ4’が復帰し、野球ファンをときめかせている。

アジア最高のクローザー呉昇桓(オ・スンファン、30、サムスン)を中心にした救援投手の競争、尹錫ミン(ユン・ソクミン、26、起亜)、柳賢振(リュ・ヒョンジン、25、ハンファ)ら先発投手の競争も注目される。彼らの活躍が観客700万人時代を操り上げる。

◇朴賛浩・金炳賢の成功基準は10勝

朴賛浩と金炳賢の成功のバロメーターは10勝だ。しかし両投手には決してやさしくない数字だ。朴賛浩はオープン戦2試合で8イニング1/3を投げて12失点と苦戦している。先発陣に合流したが、球威が以前と違うという評価だ。ホ・クヨンMBC(文化放送)解説委員は「直球の球速が143キロ以上になってこそ成績を残せる。オープン戦を見る限り、6、7勝程度と予想される」と分析した。

金炳賢も100%ではない。オープン戦1試合に登板し、1イニング2/3を無失点に抑えたが、体力と制球力に課題を残している。直球は合格点を受けたが、変化球の切れがなく、制球力も不安定というのが、ネクセン監督の判断だ。このため金炳賢は2軍からスタートする。早ければ5月初めに1軍に合流する見込みだ。鄭珉台(チョン・ミンテ)ネクセン投手コーチは「6、7勝はできるのでは」と予想している。

李承ヨプと金泰均は30本塁打、それ以上も可能と期待されている。李承ヨプと金泰均はオープン戦で本塁打を2本ずつ打ち、打撃感覚を調整した。2人ともチャンスに強い姿でシーズンの活躍を予告した。

李承ヨプは「シーズンに合わせて体を作っている」と話してきたが、オープン戦の打率は4割2分9厘、18安打、2本塁打、7打点をマークした。安打数は1位、打率と本塁打は2位だ。

金泰均も「まだ自分のスイングが完成していない」というが、オープン戦は打率4割、10安打、2本塁打、8打点で打点1位となった。10安打のうち5本が長打で、長打率は7割6分にもなる。韓国投手に十分に適応しているということだ。

金寅植(キム・インシク)韓国野球委員会(KBO)規則委員長は「李承ヨプはサムスンの攻撃力を高めるだろう。金泰均も相手チームにとって大きな脅威になる」と予想した。

◇先発20勝・救援40セーブに期待

マウンドの競争も注目される。07年のダニエル・リオス(当時斗山・22勝)以来5年ぶりの20勝投手誕生が期待される。尹錫ミンと柳賢振が有力候補だ。

スタートは柳賢振がよい。柳賢振はオープン戦2試合に登板し、計11イニングで1失点、防御率0.82と好投した。一方、尹錫ミンはオープン戦2試合でともに敗戦投手となった。9イニング2/3で8失点、防御率は7.45.開幕投手も逃した。しかし尹錫ミンは「オープン戦で打たれて補完点を確認した」と余裕の表情だ。

救援投手の争いはさらに激しい。バティスタ(32、ハンファ)、プロクター(35、斗山)、リーズ(29、LG)ら外国人投手にアジア最高クローザーの呉昇桓。ともにオープン戦で威力的な投球を見せ、40セーブ投手が2人以上出てくる可能性もある。これまで40セーブを達成したのはジン・ピルジュン(当時斗山、00年)と呉昇桓(07、08、10年)だけだ。

20勝先発投手と40セーブはプレーオフ進出の保証小切手となる。00年以降、20勝投手と40セーブ投手を1人でも保有したチームはすべてプレーオフに進出している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP