주요 기사 바로가기

「購買力を考慮したガソリン価格、韓国はOECD平均の2.4倍」

ⓒ 中央日報日本語版2012.04.03 16:14
0
韓国内のガソリン価格は購買力平価(PPP=Purchasing Power Parity)を考慮すれば、経済協力開発機構(OECD)加盟国の平均より2.4倍も高いという調査結果が出てきた。

韓国納税者連盟は3日、「韓国政府が昨年の韓国の1人当たりの所得がPPP基準で3万ドルを超えたと最近発表しただけに、庶民の苦痛の主犯の一つであるオイル価格と油類税もPPPで考える必要がある」と提案した。

この団体は2010年末現在、PPPを考慮した韓国の無鉛ガソリン価格水準は米国(0.735ドル)の2.8倍、オーストラリア(0.827ドル)の2.5倍、日本(1.193ドル)の1.7倍、OECD平均(0.878ドル)の2.4倍と主張した。

また納税者連盟は「2010年末当時は現在より国際原油価格も低く、韓国人の所得水準も今に比べてそれほど悪化していなかった」とし「これを考慮すれば、2012年4月現在PPPを考慮したガソリン価格の負担ははるかに高まったとみられる」と主張した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP