주요 기사 바로가기

ロッテ・新羅免税店、海苔・キムチに66%の手数料

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.04.02 16:42
0
韓国国内の中小納品業者が免税店に支払う販売手数料率が最高66%にのぼることが調査で分かった。 ロッテ・新羅免税店は中小業者の手数料を今月から一部引き下げることにした。

公正取引委員会が1日に発表した実態調査の結果によると、ロッテ・新羅免税店は入店業者の売上高の14-66%を手数料として受けている。 品目の中でも海苔・キムチ販売業者の手数料率(66%)が最も高かった。 最も低いのは輸入ブランドハンドバッグ(14%)だった。

韓国国内業者の手数料には旅行会社が受ける斡旋手数料15%が含まれたが、海外名品ブランドにはこれを含めていない。 全体的に国内納品業者の手数料率が高かった。 韓国ブランドの場合、販売手数料率が55%以上のところが27.8%に達したが、海外ブランドは8.5%だった。 免税店入店業者の平均手数料率は49.1%だった。 デパートが平均32%である点を考えると、高過ぎるというのが公正取引委員会(公取委)の判断だ。

公取委が実態調査を始めると、業界1、2位のロッテと新羅免税店が販売手数料引き下げを決定した。 韓国国内の中小納品業者81カ所に対し、4月分の手数料から3-11ポイント引き下げることにしたのだ。 これを受け、ロッテ免税店ではこれら中小業者の手数料率(斡旋手数料除く)が平均40.7%から35.1%に、新羅免税店では34.2%から28.6%に下がる。

公取委のイ・ドンウォン加盟流通課長は「東和、ウォーカーヒル、韓国観光公社など他の免税店も手数料引き下げに加わる予定」と述べた。 公取委は販売手数料が引き下げられているかどかを周期的に点検することにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP