주요 기사 바로가기

レディー・ガガ公演に年齢制限、アジアで韓国が唯一

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.04.02 08:27
0
米国の人気歌手レディー・ガガの初の公式来韓公演をめぐり雑音が激しくなっている。映像物等級委員会が先月22日に「青少年有害判定」を下してから以後払い戻し要請が続くかと思えば、一部宗教団体は「公演取り消し」を要求してきた。

公演企画会社のライブネーションによると、1日までにチケットの払い戻しを受けたのは200人余り。この会社は映像物等級委員会が有害判定を下してから1週間たった29日から払い戻し申請を受け始めた。ライブネーション関係者は、「前売りサイトのログイン記録を確認して18歳未満の顧客に連絡して払い戻しをしている」と説明した。問題は払い戻ししないで公演会場を訪れる未成年者に対する適当な処理方法がないということ。公演を主催する現代カード関係者は、「自社会員に割引を与えたので18歳未満の顧客の一部は親のクレジットカードでチケットを買った。チケット購入者の年齢をいちいち確認する方法はない」と話した。これに伴い、現場で入場制限に対し抗議する未成年顧客が相当いるものと予想される。

公演自体を取り消すべきというキリスト教団体も出てきた。保守性向のキリスト教団体「韓国教会言論会」は先月26日、現代カードに公文書を送り、「同性愛者を擁護するレディー・ガガの公演を取り消さなければ現代カード不買運動を行う」と脅しをかけた。

この公演を成功させるために1年近く熱意を傾けてきた現代カード側は困惑しているという立場だ。現代カード関係者は、「レディー・ガガがワールドツアーを行うアジア4カ国のうち『青少年有害判定』が出た国は韓国が唯一で遺憾だ」としながらも、「映像物等級委員会の判定を尊重したい」と明らかにした。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    レディー・ガガ公演に年齢制限、アジアで韓国が唯一

    2012.04.02 08:27
    뉴스 메뉴 보기
    米国の人気歌手レディー・ガガ。
    TOP