주요 기사 바로가기

<サッカー>朴主永、兵役延期による金銭的効果は・・・

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.03.30 18:06
0
朴主永(パク・ジュヨン、27、アーセナル)が兵役を延期して得られる期待収益は100億ウォン(約7億5000万円)を超える。

朴主永は永住権制度がないモナコで10年間長期滞在資格を取得し、2022年まで兵役を延期した。 選手生活をすべて終えてから軍に服務できるようになったのだ。 もし兵役延期を受けられず、朴主永が2015年に警察庁に入隊したとすれば、年俸とスポンサーおよび広告金額を合わせて約115億ウォンほどの収益を失うものと推算される。

朴主永の現在の年俸は約40億ウォンだ。 英日刊紙デイリーメールは最近、「朴主永が整理対象に挙がった」として朴主永の週給を公開した。 アーセナルは朴主永に1週間当たり7258万ウォン(4万ポンド)を支払っている。 年俸では約40億ウォンとなる。 軍免除で朴主永は約3年分の年俸を守れるようになった。 軍入隊による空白は2年だが、警察庁でサッカーをしながら軍服務する場合、1年前からKリーグなど大韓サッカー協会傘下チームでプレーしなければならない。

Kリーグ最高水準と知られる金正友(キム・ジョンウ、全北)の15億ウォンより多い20億ウォンを受けるとしても、アーセナルで受ける年俸より20億ウォンほど少ない。 さらに軍服務期間1年9カ月間には兵士に支給される月給以外には年俸を受けることができない。 3年間で約100億ウォンを逃すということだ。 もちろん50%にのぼる英国など欧州舞台の税金を差し引いて計算した金額だ。

さらに朴主永が入隊したとすれば、スポンサーや広告でも10億ウォン以上を失うしかない。スポーツ用品業界の担当者は「朴主永は昨年契約が終了したアディダスからスポンサー金額4億ウォンほど受けた。 これより1億ウォン多い金額でミズノと交渉中と聞いている」と話した。 また広告業界の関係者は「朴主永は広告でも10億ウォン以上を稼いだ」と語った。 朴主永は06年ドイツワールドカップ(W杯)を控え、広告5本を撮った。 最後に撮った2010年のサムスン広告モデル料は4億ウォン程度という。

朴主永はサッカーの実力ほど実利も積極的に確保するスタイルだ。 2010年の仁川(インチョン)-ASモナコ(フランス)の親善試合の出場手当として巨額を要求し、関係者を困惑させたりもした。 競技を進行した関係者は「この日、朴主永が遅く競技場に出てきた理由も出場手当を交渉する過程が試合中まで続いたため」とし「金額をずっと上げるので大変だった」と伝えた。 朴主永は当時、けがを理由に後半戦に交代投入された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>朴主永、兵役延期による金銭的効果は・・・

    2012.03.30 18:06
    뉴스 메뉴 보기
    朴主永(パク・ジュヨン、27)。
    TOP