주요 기사 바로가기

「トランクにゴルフバッグ4つ入る車を望む韓国人が理解できない」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.03.27 15:42
0
--7シリーズの場合、ライバル車に比べてシートが硬いという不満がある。

「韓国は7シリーズが世界で4番目によく売れる国だ。 BMWは後部座席に乗る人よりも運転手により特化された車だ。 その半面、韓国の場合は車の持ち主が運転手を付けて後ろの座席に座るケースが多い。 前の座席に集中していた情報通信(IT)機能を後ろ座席にまで入れているが、まだ不足している。 本社の職員がアジアから学ぼうと頻繁に訪韓する。 それでも韓国人がトランクにゴルフバッグ4つが入る車を望むというのは、今も理解できないようだ(笑)」

--自動車と情報技術(IT)の融合がよく言われるが、まだ不安定な点が多い。

「02年度にニュー7シリーズに搭載された車の制御システム‘iドライブ’機能の場合、航空機でもないのに航空機の操縦席のように車を作ったとして欧州で激しく批評を受けた。 ところが慣れてくると、ベンツ・アウディが後から始めたし、今では韓国車もすべてしている。 100%電気で動く電気自動車が来年末ごろ出てくる。 昨年は炭素繊維で作られ、指1本で持ち上げられるボンネットも登場した。 航空技術が自動車に取り込まれて進化している」

--最近の現代(ヒョンデ)車の高級化戦略をどう評価するか。

「よくやっていて誇りを感じる。 先日ドイツ本社で開かれた役員会議で、今後BMWのライバルはどこかという話が出てきた時、現代車の名前が挙がった。 40年間ほどの歴史にもかかわらず、現代車は非常に大きな成果を出している」

--最近オンラインで若年層を狙ったマーケティングが活発だ。

「ブランド別に購入層が違う。 自動車業界では高級化とダイナミックという大きな軸がある。 世界の自動車専門家によると、ベンツは高級化を目指している。 BMWは両方を同時に満足させる。 アウディとボルボはBMWのスタイルを追っている。 現代・起亜(キア)車はこの座標の中で早いペースでBMWを追っているところだ」

--韓国の輸入車市場が拡大しているが、「BMWの独走」という不満もある。

「BMWは1995年度に韓国市場に入った。 この市場の開拓者だった。 ほとんどのブランドが04年ごろ韓国市場に入ってきた。 08年にグローバル金融危機を迎えた時、8カ月間にわたり1台も売れないディーラーもあった。 当時、毎朝その代理店を訪れ、一緒にソルロンタン(牛肉スープ)を食べながら意志を固めた。 土曜日ごとに代理店を回り、350人ほどの顧客に会った。 そのような努力が今のBMWをつくった。 最近は企業の社会的役割を果たすためにBMW未来財団も設立した。 単なる寄付ではなく、地域が抱える問題を一緒に解決するために努力する」


「トランクにゴルフバッグ4つ入る車を望む韓国人が理解できない」(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP