주요 기사 바로가기

恋人のいた女性に魅かれた金正恩、結局は不倫関係に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.03.23 10:43
0
北朝鮮の「3・8国際婦女節(世界婦人デー)」の記念公演に登場して「駿馬娘」を歌った元・普天堡(ポチョンボ)電子楽団の女性歌手が、金正恩(キム・ジョンウン)労動党中央軍事委員会副委員長と内縁関係だったという主張が提起された。

22日、北朝鮮専門メディアのデイリーNKによると、北朝鮮の有名芸術団員として活動し、金正日(キム・ジョンイル)死亡後に韓国に入国したある脱北女性は「平壌(ピョンヤン)音大出身で普天堡電子楽団代表の歌手だった玄松月(ヒョン・ソンウォル)が、2006年に突然、活動を中断していなくなった」とし「将軍様(金正日)が金正恩から引き離すために活動中断指示を下した」と話した。

この脱北女性は、玄松月の本名がハン・ソンウォルで、金正恩がスイス・ベルンでの留学を終えて帰国した2000年初め頃から2人の関係が始まったと伝えた。

芸術人と親睦があった金正日の影響で、金正恩が玄松月と自然に近くなったと推測される。この脱北女性は「玄松月は他の男性と交際していたが、金正恩がしつこく求めて付き合っていたと理解している」と伝えた。金日成軍事総合大学の卒業を控えていた金正恩は、玄松月との関係を清算しろという金正日の指示を受け入れ、この時、玄松月は今の夫と結婚したという。この脱北女性は「玄松月は既婚者となったものの、金正恩の要求で関係が長く続いていたと理解している」とも話した。

玄松月は今月8日、北朝鮮銀河管弦楽団が3・8国際婦女節を記念して開いた音楽会を観覧する中、彼女を見つけた司会者の誘いで舞台に上がった。

臨月の身ということで一旦はこの誘いを断ったものの、司会者は彼女を舞台に導いた。玄松月は「男の子がほしかったが、産院(産婦人科)に行ってみたら女の子だった」と言って場を沸かせたりもした。白いチョゴリに藍色のチマという韓服姿の玄松月は体が重たそうだったが、往年のスターらしい歌唱力を誇った。

この日の公演は金正恩も観覧し、楽しく笑ったり拍手したりする姿が朝鮮中央テレビに何度も映された。翌日9日の労動新聞は、この音楽会のニュースを伝えながら、玄松月が出産を控えている事実にも言及した。労動新聞が特定人物の出産事実まで報じるのは異例だとデイリーNKは伝えた。

金晋希(キム・ジンヒ)記者

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    恋人のいた女性に魅かれた金正恩、結局は不倫関係に

    2012.03.23 10:43
    뉴스 메뉴 보기
    舞台に上がった玄松月(ヒョン・ソンウォル)の姿。(写真=朝鮮中央テレビの画面キャプチャー)。
    TOP