주요 기사 바로가기

【社説】「光明星3号」に続く核実験に備えるべき

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.03.23 09:47
0
4月15日前後に予定された北朝鮮の人工衛星「光明星3号」打ち上げ計画を中断させるため、国際社会が努力を続けている。米ホワイトハウス関係者らと国連米国大使は、北朝鮮の計画が国連安全保障理事会決議1874号違反という点、米国が事前に北朝鮮の計画にはっきりと反対の立場を説明したという点を強調している。打ち上げを強行した場合、2月29日の北京米朝合意に基づく対北朝鮮「栄養支援」を中断するのはもちろん、国連安保理を通して制裁議論などを進めるという立場も明確にした。

李明博(イ・ミョンバク)大統領も来週初めに開かれる核安全保障サミットを契機に、各国首脳と議論すると繰り返し強調している。潘基文(バン・ギムン)国連事務総長も同じ立場を明らかにした。にもかかわらず、北朝鮮が打ち上げ計画を放棄するという予想はほとんどない。したがって4月中旬以降、韓半島情勢は急激に悪化する可能性が高い。

最も懸念されるのは北朝鮮の核実験の可能性だ。人工衛星打ち上げが国連安保理決議1874号違反という点を根拠に、韓米日と西側諸国は新たな制裁を推進すると考えられる。もちろん中国やロシアの反対が予想され、安保理で強力な制裁が採択される可能性は大きくない。しかし韓米日と西側を中心にした制裁は実行されるだろう。これに反発した北朝鮮が3度目の核実験をする可能性がある。

韓国政府当局者はその可能性が非常に大きいと判断している。一方では北朝鮮もリスク負担があまりにも大きく、核実験までは進まないという見方もある。それよりもウラン濃縮問題などで新たに挑発する可能性がある。

可能性の大小に関係なく、北朝鮮の核実験は韓半島と世界の平和に対する甚大な脅威だ。したがって韓国政府は北朝鮮の核実験を防ぐため、最善の努力をしなければならない。来週初め開かれる核安全保障サミットは最適の機会だ。各国首脳と十分に意見交換し、北朝鮮の核実験を遮断するための努力を展開しなければならない。06年と09年のように核実験後に対応できない状況が繰り返さないよう、あらかじめ準備する必要がある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP