주요 기사 바로가기

NYタイムズ、日本の抗議に「今後は独島広告を載せない」

ⓒ 中央日報日本語版2012.03.22 11:09
0
独島(ドクト、日本名・竹島)が韓国の領土であることを知らせる広告を掲載してきたニューヨークタイムズ(NYT)が、在ニューヨーク日本総領事館の抗議を受け、今後、領土と関連した広告を掲載しないと回答したと伝えられた。

読売新聞など日本メディアによると、在ニューヨーク日本総領事館は15日、歌手キム・ジャンフンとソ・ギョンドク誠信(ソンシン)女子大客員教授が三一節(独立運動記念日)を迎えて共同制作した独島と東海(トンヘ、日本名・日本海)関連の全面広告が、3月1日付のニューヨークタイムズに掲載されたのを問題視し、新聞社に抗議した。

日本総領事館側は「これは観光広告に見せかけた意見広告であり、新聞の信用力を逆手にとって、読者を誤解させる恐れが高い」としてニューヨークタイムズに抗議したという。

この事実が伝えられると、歌手のキム・ジャンフンは20日、ブログに日本総領事館を非難するコメントを載せた。キム・ジャンフンは「それなら独島はWP(ワシントンポスト)とWSJ(ウォールストリートジャーナル)で、NYTには慰安婦でいけばいい」とし「もっと苦しくなることをあらかじめ知らせておこう。手のひらで空を覆うことはできないのに、日本ずっと無理なことを…」と書いた。

さらに「まだ私たちの力がやや不足しているようだが、もっと頑張って生きていこう。国さえ強ければ心配はないはず」とし「感情的にいくのはやめよう。私たちは先進国民だから」と付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP