주요 기사 바로가기

米国「北が光明星3号打ち上げれば深刻な結果に」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.03.22 09:56
0
米ホワイトハウスは北朝鮮の「光明星3号」打ち上げ計画に対し、「もし実行すれば、これは明らかな挑発であり、国際義務を違反するものだ」と警告した。また「国際義務を守らない国は深刻な結果を迎えることになるだろう」と強調した。

ホワイトハウスのローズ国家安保会議(NSC)副補佐官、ラッセルNSCアジア上級部長、セイモアNSC大量破壊兵器政策調整官は20日午後(現地時間)、オバマ大統領のソウル核安全保障サミット出席を控えて行った記者らとの電話会見でこのように明らかにした。

特にオバマ大統領が就任後初めて、25日に非武装地帯(DMZ)を訪問するという日程を公開し、「韓国哨戒艦・天安(チョンアン)沈没2周忌を迎え、韓米同盟の特別な象徴であるDMZを訪れる」と意味づけた。

ホワイトハウスの複数の韓半島・不拡散担当者が参加したこの日の会見は、当初、匿名で行われる予定だったが、記者らの要請で実名で行われた。

以下は主要問答。

--核安全保障サミットは北朝鮮が人工衛星打ち上げを宣言した後に開かれる会議だ。北朝鮮に対する特別なメッセージを準備しているのか。

「核兵器や韓半島の未来について、オバマ大統領は一貫してはっきりとした原則を持っている。国際的な義務とルールを守らない国に必ず制裁を加え、正しい道を歩む国にはインセンティブを提供するという点だ。北朝鮮は核不拡散に対する国際義務を履行しなければならないだろう」(ローズ副補佐官)
米国「北が光明星3号打ち上げれば深刻な結果に」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米国「北が光明星3号打ち上げれば深刻な結果に」(1)

    2012.03.22 09:56
    뉴스 메뉴 보기
    セイモアNSC大量破壊兵器政策調整官(左)とローズ国家安保会議(NSC)副補佐官。
    TOP