주요 기사 바로가기

【グローバルアイ】10年ぶりに中国に住んでみると…

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.03.20 16:58
0
マンションの居間のカーテンを開けると、往復8車線の道路が見える。向かい側には商店街があり、その前には車がぎっしり並んでいる。先週末、そこに駐車されている車を数えてみると100余台。ブランドはベンツ・BMW・現代(ヒョンデ)・アウディ・フォルクスワーゲン・トヨタ…など20以上もある。このうち北京現代自動車が15台で最も多かった。北京で暮らす韓国人にとって、現代車はサムスンとともにもう一つの‘自負心’だ。

02年の北京研修時代、記者は現在住んでいるマンションの向かい側にいた。当時ここに駐車された車は多くて20台ほど。もちろん現代車はなかった。残りの空間は数百台の自転車で埋まっていた。しかし10年が過ぎた今、天安門通りにも、マンション前の道にも、路地にも、もう自転車に乗る逍遥のロマンはない。その代わりに車があふれている。北京市が車の量を制限しているが、出退勤時の交通地獄は避けられない。2月末現在、北京の登録車両は500万台。人口(2000万人)4人当たりに1台だ。参考にソウルは300万台をやや超えるほどだ。北京に赴任して約50日が過ぎたが、過去10年間に中国経済は自動車ほど速く成長したという印象だ。

では市民の暮らしはどうか。家から500メートルほど離れたところに市場がある。ここの精肉店で豚肉500グラムの価格を尋ねると、25元(4456ウォン)だった。10年前(7元)の3.5倍だ。コメは2元から4.5元に、黒豆は1.5元から5元に、もやしは0.5元から1.5元に、トマトは1.5元から4.5元に、ニンジンは05元から1.5元に、豆腐1丁は1元から3元に上がった。米屋で10年前に比べてどうかと尋ねると、「収入は50%に減り、物価は2倍以上に上がって厳しい」という返答だった。最近の人民元の値上がりを考えると、北京の外国人は4倍を超える物価を覚悟しなければならない。中国の市場経済がうまく機能しているという証拠だ。

しかし変わらないものもある。バス料金は10年前と同じ1元だ。交通カードを購入すれば0.4元まで下がる。地下鉄料金も2元で同じだ。タクシーの基本料金(10元)、住宅の賃貸、不動産紹介料(1カ月の賃貸料)を家主だけが出すのも10年前のままだ。これは基層人民を重視する社会主義理念の武装なしに続けるのが難しい政策だ。

マンション前の道路にも変わっていないものがある。8車線の道路には横断歩道の表示がある。しかし信号はなく、交通警察もいない。このため昼夜に関係なく無断横断と車の違法Uターンが多い。時々、事故も発生する。それでも中国人は信号を設置するよりもそれが便利だという。中国式の自律であり実用だ。合理と不合理、市場経済と社会主義理念が混在している。10年前もそうだった。まだ中国が難しい理由だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP