주요 기사 바로가기

「金正恩は神様だった」宣伝に北住民「バカにするな」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.03.14 15:43
0
北朝鮮が対南誹謗を強化する中、度が過ぎる宣伝内容が北朝鮮住民の反発を買っているという。 朝鮮中央通信が最近、北朝鮮住民の間で広まっていると報道した「李明博(イ・ミョンバク)大統領死亡説」についても、北朝鮮住民は当局の嘘の宣伝だと把握しているという。

13日の米自由アジア放送(RFA)によると、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党中央軍事委員会副委員長の偉大性を過度に強調する教養講演が、北朝鮮の知識人と中産階級の冷やかしの対象になっているという。 咸境北道(ハムギョンブクド)のある大学生は最近、大学講堂であった「中央党講演」について、「私たち人民をバカにしている」と話した。 中央党講演とは、労働党宣伝扇動部が党幹部で組織した巡回講演で、国内外情勢とともに金正恩の偉大性を宣伝している。

この大学生は「今回の講演に中央党責任部員というある幹部が出演した。金正恩の偉大性についてあらゆる甘言を並べていた」と伝えた。 金正恩が訪れたある軍部隊将兵の話を伝えながら、「車が到着する瞬間、突然、濃霧が乗用車の周辺を取り巻いた」「ようやく乗用車の扉が開き、雲を踏んで空から降りてくるような金正恩大将の姿を見た隊員らは『天が生んだ将軍』といって感激をした」と話したという。 これを聞いた大学生らは「金正恩は大将だと思っていたが神様だった」「私たちをどれほどバカにすればこんなに図々しく嘘を言えるのだろうか」と不満を表した。

咸境北道の別の消息筋も「幼稚園児のレベルにもならない遊び。北朝鮮のレベルがどれほどかよく表している例」と伝えた。李大統領が死亡したという噂が広まっているという労働新聞の記事についても「咸境北道ではそういう話は全く広まっていない」と話した。

両江道(リャンガンド)の消息筋は「友人と一緒に平壌(ピョンヤン)と平城(ピョンソン)、咸興(ハムフン)、沙里院(サリウォン)に電話をかけて確認した。労働新聞の内容は事実ではなかった」と話したと、RFAは伝えた。

金晋希(キム・ジンヒ)記者

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP