주요 기사 바로가기

大地震を経験した日本で電動自転車がブーム

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.03.14 09:33
0
日本で電動自転車ブームが起きている。昨年の電動自転車生産台数は2010年より12.5%増えた42万9569台。バイクの44万4992台を上回りそうな勢いだ。

電動自転車は自転車のサドル下に装着されたバッテリーでモーターが作動し、このモーターの駆動力がペダルを踏む力の代わりをするようにしたもの。20年余り前に日本で開発された。当初は主に高齢者が愛用したが、最近では若者たちの利用が増えているというのが業界の分析だ。

東京大田区のオートサロン・オギヤマ。25年前にバイク専門店だったこの店は昨年秋から1階全体を電動自転車専用売り場に変えた。ここに用意された電動自転車は200種類。荻山靖久社長は、「通勤用に購入する会社員が増加している」と話した。

 
特に昨年3月に発生した東日本大震災後に市場は拡大している。当時電車やバスなど公共交通機関がオールストップした中で力を発揮したのが自転車だった。特に電動自転車は家庭用電源でバッテリーを簡単に充電でき、バッテリーが消耗しても一般自転車として利用できるという点が「災害に強い」移動手段として脚光を浴び始めたのだ。

価格も1台当たり15万円だったが10万円と安くなった。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP