주요 기사 바로가기

<サッカー>W杯最終予選、韓国が日本と違う組に入って残念な理由

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.03.10 06:39
0
サッカー2014ブラジルワールドカップ(W杯)アジア最終予選の組み合わせ抽選を控え、趙重衍(チョ・ジュンヨン)韓国サッカー協会長とチェ・ガンヒ韓国代表監督は韓日戦を期待していた。しかし希望はかなわず、日本とは違う組になった。最悪のシナリオとして韓国と日本が各組3位になり、プレーオフでぶつかる場合を除いては、韓日戦は次のワールドカップ(W杯)予選に期待しなければならない。

趙会長が韓日戦を期待したのは「興行」と「関心」のだめだった。趙会長は「最近日本に敗れ、それを復讐する機会にもなるが、競技以外の興行も期待される」と述べた。サッカー韓日戦はスポーツで最も大きな興行カードだ。韓日戦が実現する場合、韓日両国の関心を引き、サッカーに対する熱気も高まる。

韓国ネットユーザーは「サッカーを盛り上げるには日本とのビッグマッチがなければいけないのだが」「国民はみんなそれとなく日本戦を期待していたのに」「昨年8月の0-3の敗北を雪辱する機会を逃した」などと惜しむ反応が多かった。

日本サッカー専門誌のある編集長は組み合わせ抽選の後、「韓国と同じ組にならなかったのが残念。簡単な相手だからではなく、韓国でも同じだろうが、韓日戦は大きなイシューになるからだ。日本のB組編成には満足している。特にウズベキスタンと違う組になったのがよかった」と日本の雰囲気を伝えた。

日本の掲示板サイトには「ウズベキスタンとカタールを避けたのはよかった」「韓国よりも豪州との対戦がよい」「韓国と違う組なので評価試合ができる」などのコメントがあった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP