주요 기사 바로가기

アップルCEO、ギャラクシータブに毒舌…サムスンも反撃

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.03.09 09:09
0
アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)がサムスン電子の「ギャラクシータブ」を公開的に非難した。

クック氏は7日(現地時間)、米サンフランシスコのイエルバブエナセンターで開かれた「新型iPad」公開行事場所で、「サムスン電子のタブレットでツイッターを実行すれば文字化けして見え、余白が多い」とし「スマートフォン向けアプリケーションから大きく抜け出せていないため」と述べた。

クック氏が「今はもうiPad2以上のタブレットを探し回る必要はない」と述べながら新型iPadを紹介すると、行事場所には歓呼と拍手が起こった。アップルは新型iPadを16日から499(16GBワイファイバージョン)-829(64GBLTEバージョン)ドルで販売する。

普段は穏やなクック氏だが、ライバル製品に対しては容赦なく批判する。先月ゴールドマンサックスの主催で開かれたコンファレンスでは、アマゾンの普及型タブレット「キンドルファイア」に対して「安物はいくつか売れるだろうが、使ってみると『いい買い物をした(got a good deal)』という感じはすぐに消えて、結局は嫌になる」と述べた。最高運営責任者(COO)だった昨年もクック氏は「iPad以外のタブレットは奇怪(bizarre)」とし「蒸気のように消えるだろう」と毒舌を浴びせた。

公開席上で攻撃を受けたサムスン電子は直ちに反撃に乗り出した。

サムスンの関係者は「今月初めに公開した新製品『ギャラクシーノート10.1』は画面を左右に分けて、2つのアプリケーションを同時に駆動し、一つのアプリケーションで必要な部分をコピーして別のアプリケーションに貼り付けられるなど、iPadではできない機能が多い」と主張した。また「何よりもノートシリーズはSペンで画面に絵を描いたり文字を書くことができるというのが強み」と説明した。

ハードウェア面では新型iPadの勝利だ。

新型iPadは解像度が2048x1536ピクセル(300万画素級)で、従来のiPad2の4倍にのぼる9.7インチのレティナ級ディスプレーを搭載した。解像度が100万画素級のギャラクシータブ・ノートの3倍を超える。データ伝送速度が速い第4世代LTE通信チップも搭載されている。高画質(HD)動画撮影が可能な500万画素カメラも採択した。アップルが「感性」を強調すれば、サムスンが「ハードウェアスペック」で応酬した従来の形とは違う。

一部で、「iPad2より重さが50グラム重く、厚くなったうえ、革新的な新しい機能が見られない点などは、ティム・クックの想像力と実践力が亡くなったジョブズについていけないという証拠」という評価が出てくる理由だ。

◇レティナディスプレー=1インチ当たりのピクセル数(ppi)が300以上なら人間の網膜(レティナ)ではそれぞれのピクセルを区別できない高解像度という意味から出た用語。スティーブ・ジョブズがiPhone4を発表した際に使用した。新型iPadは264ppiで基準に達していないが、クック氏は「タブレットはスマートフォンより遠く離れて見るためこの程度なら実質的にはレティナ級」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP