주요 기사 바로가기

鄭夢九現代車会長「フォルクスワーゲンより良くなるか見てみよう」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.03.08 15:12
0
「現代・起亜(ヒョンデ・キア)車がフォルクスワーゲンより良くなるのか、今後を見てみよう。ハハハ」。

ジュネーブモーターショーのためにスイスを訪問した鄭夢九(チョン・モング)現代車グループ会長(74)は6日(現地時間)、フォーシーズンズホテルで記者らと会い、笑いながらこう語った。

鄭会長は「今年の『グローバル生産700万台』発表は一時的なものではない。 職員・協力会社ともに頑張って故障のない車を製造したために今日に至った」と自信を表した。

 
フォルクスワーゲングループはアウディ、フォルクスワーゲン、ベントレー、ランボルギーニなど11ブランドで世界市場で攻撃的なマーケティングをしている。 鄭会長は「私たちもあらゆることを消費者、ディーラーに合わせて頑張っているので、良い結果が出るだろう」と楽観した。

この日の行事に先立ち午後2時ごろホテルに到着した鄭会長は、すぐに欧州内の現代・起亜法人長と4時間の戦略会議を開いた。業務報告の後、鄭会長は「世界経済萎縮の中心地である欧州で道を見つければ、グローバル市場の難しさも乗り越えられる」とし「独創的かつ積極的な戦略で市場を先に獲得する必要がある」と強調した。

鄭会長はこの日、イタリア自動車専門誌「インターオートニュース」から「2011年グローバル最高経営者賞」を受賞した。イタリア自動車専門記者団の投票で、鄭夢九会長はヴィンターコルン・フォルクスワーゲン会長、ムラーリ・フォード最高経営責任者(CEO)を抑えた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    鄭夢九現代車会長「フォルクスワーゲンより良くなるか見てみよう」

    2012.03.08 15:12
    뉴스 메뉴 보기
    鄭夢九(チョン・モング)現代車グループ会長が「2011年グローバル最高経営者賞」を受賞し、笑顔を見せている。
    TOP