주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>韓国代表、トップシード受けたが…日程は日本が有利

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.03.08 09:00
0
韓国がトップシードを受けたが、実利は日本がつかんだ。

韓国サッカー代表は7日(以下、日本時間)、国際サッカー連盟(FIFA)が発表した3月の世界ランキングで前月より4つ上昇した30位となり、日本(33位)を抜いてアジア2位になった。これを受け、韓国は豪州(20位)とともに9日に開かれる2014年ブラジルワールドカップ(W杯)アジア最終予選の組み合わせ抽選でトップシードを確保した。

通常トップシードは強いチームを避けて日程が有利という長所がある。しかし今回は必ずしもそうでもない。特に韓国が日本と同じ組になる場合、韓国に比べて日本の日程がはるかに有利だ。日本は来年6月中旬にブラジルで開催されるFIFAコンフェデレーションズカップに出場するという理由で、W杯日程が優遇されたからだ。

▽初戦は中東アウェー

韓国は6月8日に最終予選の初戦を行う。この初戦は無条件にアウェーとなる。韓国が日本と違う組になった場合、初戦の相手はヨルダンまたはカタールとなる。韓国が日本と同じ組になった場合は初戦がオマーンまたはレバノンとなる。

組別リーグで初戦の結果は非常に重要だ。初戦で黒星がつけば、残りの日程でずっと負担を抱かなければならない。初戦の中東遠征は厳しい日程だ。一方、日本は初戦をホームで行う。

▽日本と同じ組なら最悪の日程

日本と同じ組になった場合、運命をかけた両国のライバル戦は6月12日に行われる。韓国のホーム試合だ。しかし喜ぶことはできない。日本は6月3日と8日にホームで組別リーグ2試合を行って韓国に来る。時差や移動に対する負担はほとんどない。

韓国はホームだが、6月8日に中東遠征を行った後、急いで帰国し、4日後に日本と対戦することになる。もし初戦の成績が良くない場合、日本戦は想像を絶するほどの負担を抱くはずだ。

一方、日本としてはホームで2試合を行い、コンディションを調整した後、虎の穴にいる韓国を捕まえに来るような有利な日程だ。日本での韓日戦は2013年6月4日に行われる。この時は韓国・日本とも中東遠征という変数なく同等な条件で対戦できる。

▽終盤の2試合連続ホームは有利

トップシードの長所は最終予選の最後の3連戦のうち最終2試合をすべてホームで行うという点だ。キム・ジュソン大韓サッカー協会事務総長は「試合日程はさまざまな見方ができる。良い点もあれば悪い点もある。しかしW杯進出権が実際に決まる最終予選の終盤にホームで試合ができるというのは非常に有利な点だ」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>韓国代表、トップシード受けたが…日程は日本が有利

    2012.03.08 09:00
    뉴스 메뉴 보기
    韓国サッカー代表。
    TOP