주요 기사 바로가기

“世界で初めて妊娠”韓国系男性、家族との近況を公開

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.03.07 15:49
0
世界で初めて妊娠した男性と言われているトーマス・ビティさんの近況が英紙「デイリーメール」の電子版を通じて6日、公開された。現在、米アリゾナ州フェニックスに住んでいるビティさんの家族写真からは、平凡な家族の仲の良さがにじみ出ている。ビティさんは凛々しい父親の姿で子供たちを抱いている。子供たちもかなり成長したようだ。

韓国系米国人のトーマス・ビティさんはもともと女性だったが、2002年に性転換手術を受けて男性になった。しかし女性の生殖器官はそのままにして、卵子を作るなど妊娠が可能な状態だった。2003年に結婚した彼は、妻が子宮摘出手術で妊娠できなくなると、他の男性の精子を採取して試験管で受精した後、これを移植して2008年初めに女児の赤ちゃんを出産した。翌年には2番目となる男児、2010年には3番目の男児を順番に生んだ。

世界の関心を受けている彼ら家族は、その間、他人には分からない苦痛を経験してきたと告白した。ビティさんは「私たちの姿をネガティブな視線で見る人々が、良くないコメントや非難、嘲笑するコメントを残してとてもつらかった」と語った。また「私はハーフという理由で幼少時代に仲間外れにされたことがある。私の子どもも同じような経験をするかもしれないが、子どもたちが生まれたことは十分価値のあること」と話した。

ビティさんは韓国人の父親と米国人の母親の間に生まれた。ビティさんは昨年4月から男性ホルモン剤を服用中だ。子宮摘出手術も考えている。彼は「これ以上、子供は生まないと決めたが、娘が『妹がほしい』とねだり始めた」とし「これからどうなるか、私にもよく分からない」と話す。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    “世界で初めて妊娠”韓国系男性、家族との近況を公開

    2012.03.07 15:49
    뉴스 메뉴 보기
    妊娠当時のビティさんの姿。
    TOP