주요 기사 바로가기

<サッカー>日本と豪州を避ければ…W杯最終予選の最高の組み合わせは?

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.03.02 17:28
0
日本と豪州をともに避けられれば最高のシナリオだ。

アジア最終予選に進出する10チームがすべて確定した。ヨルダン・イラク(A組)、韓国・レバノン(B組)、ウズベキスタン・日本(C組)、豪州・オマーン(D組)、イラン・カタール(E組)などだ。10チームは最終予選で5チームずつ2組に分かれ、ホームアンドアウエー方式で1チーム当たり8試合ずつ行う。最終予選の組み合わせ抽選は9日(日本時間)にマレーシア・クアラルンプールにあるアジアサッカー連盟(AFC)で行われる。

今回の大会からは、組み合わせ抽選直前の7日に発表される国際サッカー連盟(FIFA)ランキングに基づいてシードが配分される。先月の韓国のFIFAランキングは34位で、豪州(22位)と日本(30位)に続いてアジア3位だった。しかしシード配分の基準になる3月のランキングでは韓国が日本を上回る見込みだ。29日の試合で韓国はクウェートに勝ったが、日本はウズベキスタンに敗れたからだ。

韓国がトップシードを受けることになれば、豪州とは別の組に入る。豪州を除いて韓国が対戦する可能性がある強豪は日本とイランだ。両チームともに難敵だが、ライバル日本のほうがやや負担が大きい。サッカー協会のイ・ウォンジェ広報局長は「イラン戦も難しいのは同じ。サッカーの熱気を高めるにはW杯予選で日本とぶつかるのがよい」と話した。

中東国家の中ではイラク(79位)とオマーン(95位)が手強い相手に挙げられる。イラクはFIFAランキングは高くないが、粘りのあるサッカーで韓国を苦しめてきた。07年アジアカップ準決勝では韓国が敗れている。

オマーンはアウェー戦が厳しいことで有名だ。韓国は03年アジアカップ予選で1-3と衝撃的な敗戦を喫している。中央アジアの強豪ウズベキスタン(77位)もジェパロフ、ゲインリッヒなど知韓派を前面に出した戦力を誇る。しかしウズベキスタンとイラクは同じポットに配分される可能性が高く、両チームのうち1チームと対戦することになると予想される。

さまざまな面で考えると、イラン、イラク、ヨルダン、レバノンと同じ組になるのが最善の組み合わせと考えられる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>日本と豪州を避ければ…W杯最終予選の最高の組み合わせは?

    2012.03.02 17:28
    뉴스 메뉴 보기
    W杯最終予選の組み合わせ抽選は9日(日本時間)にマレーシア・クアラルンプールにあるアジアサッカー連盟(AFC)で行われる。
    TOP