주요 기사 바로가기

<サッカー>W杯3次予選控えた韓国、最後の訓練は「愉快」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.02.29 10:50
0
クウェートとの決戦を翌日に控えた28日、坡州(パジュ)NFCは静かだった。

午後1時45分ごろに崔康熙(チェ・ガンヒ)監督と主将の郭泰輝(クァク・テフィ)を乗せた黒い「ジェネシス」が坡州NFCから出て行った。崔監督はソウル・ワールドカップ競技場で記者会見を行い、「選手団はあすの競技を控え負担感を超越した」と伝えた。崔監督が出て行くとすぐに宿舎内にとどまっていたA代表チーム選手団のうち李根鎬(イ・グンホ)とクォン・スンテらは軽く散歩をした。淡々とした表情だった。

午後3時40分から選手たちはトレーニングのために1人2人とグラウンドに出てきた。李東国(イ・ドングク)はキム・ドゥヒョンと肩を並べ明るい表情で訓練場に向かった。27日も入国して疲れているという理由でインタビューを断った朴主永(パク・ジュヨン)に記者団の関心が集まった。宿舎を出た朴主永に質問攻勢が浴びせられたが、彼は「いやだ」と短い一言とともに訓練場へと急いだ。

朴主永はあふれる関心に負担を感じているようだが、訓練場では選手たちと笑っていた。奇誠庸(キ・ソンヨン)とキム・シンウクらと並んで走りあれこれ話をする姿だった。親しい李根鎬とは冗談も交わし大きく笑った。訓練中彼は微笑を失わなかった。訓練を控え崔監督は選手たちを集めて「負担感を持つな。あす素晴らしい試合を見せよう」と促した。崔監督は選手たちの緊張を解きほぐすためのプログラムとして最後の訓練を始めた。

まず選手団とパク・チュンギュンコーチ、シン・ホンギコーチを含め9人ずつ3チームに分けた。そしてチーム別にボールをコントロールして一番最初に落としたチームが罰ゲームで腕立て伏せをした。最初はキム・シンウクとキム・ジェソンが属したチームが腕立て伏せをした。こうした軽いゲームで選手団は笑いを取り戻した。コーチがミスで落とすとすぐに同じチームの選手たちは「あぁ」という嘆きとともに地面を蹴り、他のチームの選手は大きく笑った。雰囲気は明るかった。

選手団は軽く体をほぐした後で非公開戦術訓練を行った。訓練を終えた後で崔監督は、「あすのクウェート戦は誰が出てもうまくできるだろう」と余裕ありげに笑った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>W杯3次予選控えた韓国、最後の訓練は「愉快」

    2012.02.29 10:50
    뉴스 메뉴 보기
    練習に臨むW杯韓国代表チームの選手たち。李東国(イ・ドングク、右)と朴主永(パク・ジュヨン、右から2番目)。
    TOP