주요 기사 바로가기

<MWC2012>サムスン電子の最高技術についてくる中国・華為技術(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.02.29 08:52
0
「ノキア・アップルだけを見て突っ走ってきたが、振り返ってみると中国企業がすぐ後ろに立っている」。27日(現地時間)にスペイン・バルセロナで開幕した「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」展示場で、LG電子の関係者がため息をついた。

今回の行事では中国企業の躍進が目を引く。今回、クアッドコアスマートフォンを出した企業は4社。韓国のLG電子(Optimus4X HD)を除けば、台湾HTC(One X)、中国華為技術(Era)、ZTE(アセンドクアッド)とすべて中国系企業だ。クアッドコアは中央処理処置(CPU)に頭脳役割をするコア4つを装着したものをいう。

この関係者の口からは「ハードウェアは事実上ほとんど追い上げられた」という言葉まで出てきた。一部では「中国の侵攻(Chinese invasion)」という表現を使うほどだ。

サムスン・LG電子のすぐそばにブースを置いた華為技術はクアッドコアフォン2種類を出した。プロセッサーを独自で製作したという点が注目される。華為技術を除いて、クアッドコアフォンを出した企業はエヌビディアの「テグラ3」を使用している。

世界携帯電話製造会社のうちプロセッサーチップセットを独自で製作して装着する企業は「エクシノス(Exynos)」シリーズを作るサムスン以外にはほとんどない。大半がクアルコムのスナップドラゴン、エヌビディアのテグラ、テキサス・インスツルメンツ(TI)のOMAPなどを購入して使用する。アップルは独自のチップセットをサムスンで委託生産する。こうした携帯電話用プロセッサーはすべて英国ARMの設計を土台に最適化したものだ。

LG電子の関係者は「自社でチップセットを製造すれば、どうすれば少ない電力消耗で高い性能を引き出せるか悩むしかない」とし「中国製チップセットが満足できるものになれば、その時は恐ろしい企業に急変することになるだろう」と述べた。

サムスン電子の関係者も「中国企業は他社の長所を吸収する能力がさらに高まった。企画から製品を出すまでの時間も短くなった」とし「すぐにも韓国を脅かすという信号がはっきりと表れた」と話した。
<MWC2012>サムスン電子の最高技術즂ついてくる中国・華為技術(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <MWC2012>サムスン電子の最高技術についてくる中国・華為技術(1)

    2012.02.29 08:52
    뉴스 메뉴 보기
    27日(現地時間)にスペイン・バルセロナで開幕したモバイル・ワールド・コングレス(MWC)で、観覧客がサムスン電子の隣にある華為技術のブームを見ている(写真=共同取材団)。
    TOP