주요 기사 바로가기

<MWC2012> 日本製Sペンを採択したサムスン「ギャラクシーノート10.1」公開 (1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.02.28 15:54
0
27日(現地時間)に開幕した今年の「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」の雰囲気は、デュアルコアスマートフォン性能競争が繰り広げられた昨年とは全く違う。 サムスン電子の関係者は「昨年のMWCでは各社がわれ先にとデュアルコアフォンを紹介する雰囲気だったが、今年はすでにクアッドコア技術がかなり公開されたにもかかわらず新技術競争は一服し、さまざまな方法でスマート機器の活用度を高めることに焦点が置かれている」と説明した。

代表的なのは最先端デジタル機器に適用されたアナログ方式のペンだ。 サムスン電子がタブレットPCのギャラクシータブにSペンを適用した「ギャラクシーノート10.1」を出したのに続き、LG電子も主力製品としてペンが付いた5インチのスマートフォン「オプティマスビュー(Optimus Vu)」を紹介した。

サムスン電子はノートシリーズの長所として「感性経験」を強調している。 申宗均(シン・ジョンギュン)サムスン電子社長(無線事業部長)は「電子ペンは必ず成功する」と断言した。 申社長は「画面が大きくなるほど入力ペンの用途も増えるしかない。文字を書く方式のアナログ感性がデジタルの新しいトレンドとして定着するはずだ」と述べた。

実際に書いてみると、サムスン電子はギャラクシーノート10.1でSペンの機能をさらにアップグレードした。 画面を分割し、一方に本を開いておき、もう一方に筆記できるようにした。 手書きの複雑な数学記号を認知する機能も追加され、手で公式を書けば自動で計算される。 三角形や四角形を描けば、これを真っ直ぐに補正してくれる機能も加わった。

LG電子の「オプティマスビュー」は柔らかいタッチ感覚を強調している。 タッチする時に音が出ないようペン先はゴムになっている。 名称も「ラバーデュームペン」に決まった。 製品上段の「クイックメモ」キーを押せばすぐにペンで入力でき、メモした内容を共有ボタンを通して他の人に電送できる。 LG電子の関係者は「スマート機器の筆記、メモ機能などが重要になり、クッキーフォン以来3年ぶりにペンが入った製品を出すことになった」と説明した。 サムスン電子のSペンが日本製品であるのに対し、LG電子は韓国企業の製品を採択した。 業界関係者は「ペンが必需品になるかどうかは結局、ペンで利用できる特化されたアプリケーションがどれほど生活の中に溶け込むかにかかっている」と話した。
<MWC2012> 日本製Sペンを採択したサムスン「ギャラクシーノート10.1」公開 (2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <MWC2012> 日本製Sペンを採択したサムスン「ギャラクシーノート10.1」公開 (1)

    2012.02.28 15:54
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン電子が「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」で「ギャラクシーノート10.1」を公開した。 タブレットPC「ギャラクシータブ」にSペンが付き、画面に字や絵を描くなどさまざまな形で活用できる。
    TOP