주요 기사 바로가기

韓米軍事演習始まる…北朝鮮が猛非難

ⓒ 中央日報日本語版2012.02.27 15:43
0
北朝鮮が連日、韓米連合「キー・リゾルブ(Key Resolve)」訓練および「トクスリ(鷲)」訓練を非難している中、韓国と米国が27日、定期訓練の「キー・リゾルブ」連合訓練に入った。 韓国軍は来月9日まで行われる訓練期間中、北朝鮮の挑発の可能性に対応し、対北朝鮮警戒監視態勢を強化している。

今回の訓練は、有事の際に韓半島を防御する過程を演習する定期的な訓練で、外国に駐留する約800人を含む米軍2100人余りと韓国軍およそ20万人が参加し、例年レベルで行われる。

韓米野外戦術機動訓練の「トクスリ」演習も来月1日から4月30日まで実施される。 「トクスリ」演習には米軍1万1000人(外国駐留米軍1万500人含む)と師団級以下の韓国軍部隊が参加し、地上機動と空中・海上・遠征・特殊作戦訓練を行う。

一方、北朝鮮は「今回の戦争演習は明白にわれわれの哀悼期間を狙った戦争策動であり、われわれの自主権と尊厳に対する許されない侵害行為」と非難を続けた。

朝鮮中央通信はこの日、「むやみな行動をするべきでない」と題した論評を通じて、「今年のキー・リゾルブ演習とトクスリ訓練は、好戦者が例年、訓練の帽子をかぶせて行ってきた演習の性格を超越する」とし、このように主張した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP