주요 기사 바로가기

俳優イ・ビョンホン、初めての朝鮮王役でもあふれるカリスマ

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.02.27 13:34
0
1/2
映画「朝鮮の王」で、光海君(イ・ビョンホン扮、左)が身代わりの偽物の王と対面する場面(写真=リアライズピクチャーズ提供)。
ワールドスターのイ・ビョンホンが生まれて初めてを袞竜袍(こんりょうほう、王朝時代の王の正服)を身にまとった。

イ・ビョンホンを主人公として撮影中の映画「朝鮮の王」(リアライズピクチャーズ制作、チュ・チャンミン監督)で、イ・ビョンホンが髪の毛を結い上げ、口ひげをたくわえた扮装で国王の象徴である袞竜袍を着た写真を公開した。

1枚目の写真では、イ・ビョンホンは袞竜袍を着て自分とそっくりの相手の顔を物珍しそうに触っている。朝鮮の光海君(クァンヘグン)が、自身の身代わりとなる偽物の王の役割をすることになるハソンと初対面する場面だ。1人2役を演じているイ・ビョンホンの演技の変身を予告する大きな山場だ。

2枚目の写真は、寝所に座って思いにふけっている様子だ。華やかな髪結いの装飾と白と赤色のコントラストの韓服が君王にふさわしいカリスマを発散している。

“君王”イ・ビョンホンが初めて時代劇に出演して関心を集めている「朝鮮の王」は、今月12日に京畿道南揚州(キョンギド・ナムヤンジュ)の総合撮影所でクランクインした。

映画「オールドボーイ」を手がけた脚本家ファン・ジョユンが執筆し、映画「麻婆島」「あなたを愛してます」のチュ・チャンミン監督が演出を担当している。イ・ビョンホンの他にも王妃役のハン・ヒョジュ、王と対立する臣下役のキム・ミョングン、王の護衛武者役のキム・イングォンらが出演している。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP