주요 기사 바로가기

修士A級女性、高卒D級男性が結婚できない理由=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.02.27 09:51
0
#ソウルのある研究所に勤務するキムさん(38、女性)は韓国国内の大学で経済学博士学位を取得した。学生時代は「親孝行な娘」と言われていたが、今は結婚適齢期(平均結婚年齢:男性32.2歳、女性29.8歳)を大きく越えた「生涯ソロ待機者」(女性35-44歳)に分類される。キムさんは「実際に生涯結婚しない可能性もある」と話す。2010年、この年齢帯の女性未婚者は12万5493人で、10年前(4万8080人)に比べて161%も増えた。このうち大卒以上の高学歴者は7万8540人で、未婚者の62%に達した。

#中小企業で営業をしているパクさん(42)は高校卒業後、地方のある大学に進学した。しかし家庭の事情のため1年後に学業をあきらめた。その後、いくつかの仕事を転々とし、2年前に現在の職場に入社した。2010年、ソウルの40-49歳の男性未婚者は10万2963人で、うち63%(6万4876人)がパクさんのような高卒以下の学歴だ。パクさんは「貯蓄も少なく、機会もないので、結婚は考えられない」と語った。

結婚市場で学歴が最も高い女性と学歴が最も低い男性はパートナーを探せないという、いわゆる「ABCD論」がソウル市の統計分析の結果でも表れた。ソウル市によると、2010年のソウルの40-49歳の高卒以下の男性のうち未婚者の比率は18.7%で、大卒以上の未婚者の比率(9.8%)の2倍にのぼる。学歴が大学院卒以上の男性の未婚者の比率は5.3%で、学歴が高いほど未婚者の比率は低い。
修士A級女性、高卒D級男性が結婚できない理由=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP