주요 기사 바로가기

円高時代、終わるのか…ウォンに対して5日連続値下

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.02.23 08:19
0
日本円が大きく落ちている。22日の東京外国為替市場で、日本円は米ドルに対して5日(取引日基準)連続で値下がりし、1ドル=80円台となった。昨年7月12日以来7カ月ぶりだ。この日、ソウル外国為替市場でも日本円は韓国ウォンに対して5日連続値下がりし、100円=1404ウォンとなった。

日本の貿易赤字が最も大きな原因とされる。日本の貿易収支は昨年、31年ぶりに赤字となった。今年1月も1兆4750億円(約20兆8122億ウォン)の赤字で、月間で過去最大となった。

4年以上続いた円高時代が終わるのか。専門家の意見は分かれている。最近ゴールドマンサックスのオニール資産運用会長は「円-ドル為替レートが今年中に1ドル=100円台をつける可能性もある」と予想した。一方、野村証券のノルドビグ外国為替戦略家は22日に出した報告書で「欧米の金融緩和のため円安は続かないだろう」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP