주요 기사 바로가기

「ユニクロに追いつけ」…韓国ファッション業界が雪辱戦へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.02.22 16:54
0
韓国国内のファッション企業が「ファストファッション」市場に次々と参入している。 イーランドグループのSPAO、MIXXO、LGファッションのTNGTに続き、第一毛織も23日、SPA(製造直売型衣類専門店)ブランド「8seconds」を出した。 「速い流行」はZARAとMANGOに、「価格」はユニクロに抜かれた韓国企業が雪辱戦に乗り出しているのだ。 「安くて速く」だけでなく、出勤用・個性派・節約用など独自のコンセプトを前面に出している。

第一毛織は21日、ソウル江南区新沙洞(カンナムグ・シンサドン)街路樹通りの「8seconds」1号店で記者懇談会を開き、ブランドを発表した。 20、30歳代をターゲットに「ZARAより安く、ユニクロよりトレンディーに」を強調した。 店内にはポップアート作品を展示し、新進デザイナーとのコラボ製品を出すなど「ファッションと芸術の遭遇」を追求しているのが特徴だ。 価格は女性ブラウスが1万9900-6万9000ウォン、男性ジャケットは7万9900-19万9000ウォン、パンツは2万9900-7万9900ウォン。

今年中に韓国国内に10店舗をオープンし、売上高600億ウォン(約42億円)、2015年には中国に進出し、国内外の売上高4000億ウォン台のグローバルSPAブランドに成長するという目標だ。 第一毛織の金進勉(キム・ジンミョン)専務は「ZARAやユニクロよりもスタートが遅れただけに、第一毛織全社の力を注ぎ込む。 李ソ顕(イ・ソヒョン)副社長も8secondsをサポートしている」と明らかにした。

サムスンファッション研究所によると、この3年間、グローバルSPAブランドのユニクロ・ZARA・H&Mの年平均国内売上高成長率は56%にのぼる。 05年に韓国で1号店をオープンしたユニクロは、6年間に韓国での売上高が12倍も成長した(昨年の売上高3600億ウォン)。 流行に左右されない基本スタイルを負担のない価格で販売したのが功を奏した。 韓国に25店舗を保有するGAPも「米国実用主義」を標ぼうする。 スペインのZARAとスウェーデンのH&Mは1、2週ごとに新製品を出す早い商品回転率で人気を呼んでいる。

これに対してLGファッションのTNGTは「会社員SPA」を標ぼうしている。 服装を気にしなければならないが経済的に余裕がない社会の新人が主なターゲットだ。 09年にSPAブランドに転換した後、店舗もサムスングループ近隣(江南駅店)、教保生命付近(ノンヒョン店)、外国企業韓国支社密集地域(街路樹通り)など主要オフィスタウンにオープンしている。

エイダイムの「スパイシーカラー」は原色の衣装と大衆文化を好む20歳代がメーンターゲット。 昨年2月に登場して以来、「ポップカルチャーSPA」として人気を集め、韓国国内11店舗を展開している。 イーランドグループのSPAOとMIXXOは「ユニクロより安いSPA」として定着した。 SPAOはカジュアルジャケットを5万9900ウォン、ジーンズを3万9900ウォンで出し、20、30歳代の女性用SPAのMIXXOもワンピース3万9900ウォン、ブラウス3万9900ウォンなど低価格で販売している。 昨年の売上高はSPAOが700億ウォン、MIXXOが600億ウォンだった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「ユニクロに追いつけ」…韓国ファッション業界が雪辱戦へ

    2012.02.22 16:54
    뉴스 메뉴 보기
    第一毛織のSPAブランド「8seconds」が23日にソウル新沙洞(シンサドン)街路樹通りに、24日にはソウル明洞(ミョンドン)に店舗をオープンする。 男性服、女性服、デニム、ラウンジウエア、アクセサリーなどをそろえている。 第一毛織は「感覚的ながらも韓国人の体型に合った製品で、5年以内にユニクロの売上高に追いつくのが目標」と明らかにした。
    TOP