주요 기사 바로가기

「ここでは暮らせない」…金正日に憤怒した北朝鮮の住民、金正恩には…

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.02.21 14:44
0
北朝鮮が金正恩(キム・ジョンウン)労働党中央軍事委員会副委員長の脆弱な履歴を隠すために本格的に‘口封じ’に乗り出している。 最近、北朝鮮国家安全保衛部の要員らは住民に対する監視と統制をさらに強化する雰囲気だ。

17日の米国の自由アジア放送(RFA)によると、米国に住むある脱北者は最近、咸境北道(ハムギョンブクド)国境地域に住む家族との電話で、「後継者についてどう思うか」と尋ねた。 しかし家族は金正恩について話すのを避けたという。

昨年まで「貨幣改革当時にお金を失った人たちが金正日(キム・ジョンイル)に怒った」「ここではもう暮らせない」と率直に話していた人たちが、今は保衛部の監視が恐ろしくて話すのも避けているということだ。 この脱北者は「金正恩の登場後、国家安全保衛部の権限が大きく高まり、保衛部員の権限が強まった」と説明した。

最近、北朝鮮の二大体制保衛機関である保衛部や保安署は、どの機関がより金正恩の信任を受けるかお互い競争しているという。 最近、金正恩は自身の神格化のため、禹東測(ウ・ドンチュク)国家安全保衛部首席副部長を「1号行事」(最高指導者出席行事)」の主席壇によく座らせている。

北朝鮮の幹部が金正恩に関する発言に慎重になっている理由は、金正恩についてほとんど知らないためという意見もある。 RFAによると、平壌(ピョンヤン)を最近訪問した米国のある民間団体の関係者は自分を案内する北側の要員に金正恩について尋ねると、返答を避け、金正日(キム・ジョンイル)の偉大さを誇る言葉ばかり並べたという。金正恩についてはただ「将軍様と似た方」という原論的な話を繰り返したということだ。 この民間団体の関係者は「敏感な問題である金正恩の年齢や出生については北側の案内員もよく知らないようだった」と話した。

一部の北朝鮮専門家らは、後継者として本格的に歩み始めた金正恩の未来はそれほど順調でないと予想している。 金正恩偶像化作業で北朝鮮が相当な困難を経験するという理由からだ。 米国のスカラティウ北朝鮮人権委員会事務総長はRFAとのインタビューで、「海外に留学して北朝鮮で王子として生きてきた人が住民と一緒に過ごしながら自慢することがあるだろうか」とし「白頭血統を強調する北朝鮮が金正恩の生母である在日同胞を革命家とするおかしなことが行われるだろう」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP