주요 기사 바로가기

韓国でも増えるニート、求職しない失業者が200万人突破

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.02.21 09:10
0
働き口がないのに最初から就職する準備さえしていない人口が先月初めて200万人を超えた。このうち17%の約33万人は20代だった。

統計庁が20日に明らかにした1月の雇用動向調査によると、こうした「休んでいる」人口は201万5000人で、1年前の187万2000人より7.7%増えた。65歳以上の高齢層を除いても15~64歳の休んでいる人口は159万3000人に達した。

特に20代での増加が目立った。1月基準で20代の休んでいる人口は33万7000人で1カ月より27.3%増えた。15カ月連続で増加しており、この3カ月は連続して2けたの増加率を見せた。20代の人口654万人のうち5%が何もしないで休んでいることになる。20代の休んでいる人口は1月基準で調査を開始した2003年に2.4%、2010年に3.3%、2011年に4.2%と増加している。30代の休んでいる人口も昨年1月より12.7%増えた22万5000人となった。ただ休んでいる人口の増加が日本のように内需景気に悪影響を与えているという指摘も出ている。日本では仕事をせず教育も受けていない青年層を称する「ニート」の増加が経済・社会問題になっている。

慶熙(キョンヒ)大学経済学部のイ・キソク教授は、「両親の経済力が大きくなりこれに頼ろうとする20~30代が増加している現象と解釈される。20~30代に仕事をやめるのは業務能力低下につながり、未就業状態が長期化しかねないという点で全般的な社会問題になる恐れがある」と警告した。これに対し統計庁関係者は、「働き口が少なくなる冬季の天気と旧正月など特殊性も反映される。20代の休んでいる人口の増加をすべて勤労意欲の低下で説明するにはまだ無理がある」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP