주요 기사 바로가기

レクサス、米耐久性評価1位…現代車は9位

ⓒ 中央日報日本語版2012.02.16 14:38
0
トヨタの高級ブランド「レクサス」が米国市場で自動車耐久品質が最も優れているという評価を受けた。

米国の市場調査機関J.D.パワーが実施した車両耐久品質調査(VDS:Vehicle Dependability Study)で、レクサスが1位、トヨタが3位となり、若年層をターゲットにしたブランド「サイオン」も5位に入った。 ポルシェ(98点)が2位、キャディラック(104点)はトヨタと同じ3位だった。

現代(ヒョンデ)車は昨年より一つ上昇した9位。 高級ブランドを除いた大衆ブランドだけを評価した場合、トヨタ、サイオン、フォードに次いで4位となる。 ただ、起亜(キア)車は昨年の19位から25位に落ちた。

車級別評価では現代車「ジェネシス」が中型高級車部門で1位となり、耐久品質が認められた。 ジェネシスは現代車モデルのうち歴代最高点を受け、ベンツEクラス、BMW5シリーズを抑えて1位となった。 そのほか、現代車「アバンテ」はトヨタ「プリウス」が1位となった準中型車部門で3位に入った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP