주요 기사 바로가기

「元老に退陣の圧力?」 金正恩、世代交代も模索(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.02.16 08:53
0
しかし韓国政府の当局者は「金正恩が平均年齢80歳に近い元老と一緒に仕事をするのは負担になるはず」とし「元老を前面に出しながらも実際の業務は40、50歳代に移す方向で人事が進行中と判断されるが、誰が登場するかは今後を見守っていくしかない」と話した。

前日、パルチザンや元老に金正日勲章を授与したのは、功労を認めながら事実上退陣へと圧力を加える意味が込められているという解釈も出てくる。その間、数回の現場訪問でカリスマを誇示したとすれば、今後は「金正日パワーエリート」の忠誠を自分の方へ徐々に移動させる過程ということだ。

金正恩は「遺訓統治」を守りながらも、自分の時代を知らせる役割も推進している。対北朝鮮消息筋によると、平壌(ピョンヤン)高麗ホテルのそばには7ツ星級のホテルが建設される予定という。この消息筋は「中国の投資で建てられる予定で、現在の掘削工事が進行中」と伝えた。ホテルの規模はまだ明らかでないが、7ツ星級ホテルであるだけに高級な内部・外部装飾が予想されている。

‘地上最大の凶物’という汚名で放置され、08年にエジプト通信会社オラスコムの投資で工事が再開された柳京(ユギョン)ホテルは4月に開館する予定だ。平壌にすでに高麗ホテル(45階)、羊角島(ヤンガクド)ホテル(47階)があるのにもかかわらず、また高級ホテルを建設する理由について、この消息筋は「外部VIPの投宿場所がなく迎賓館の百花園招待所を利用しているのが現状。また、幼い頃に観光地として有名なスイスで留学生活をした金正恩の目に現在の北朝鮮のホテルは満足できないのかもしれない」と話した。
「元老に退陣の圧力?」 金正恩、世代交代も模索(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP