주요 기사 바로가기

<サッカー>「日本さえ参加すれば…」 韓日中冬季リーグの夢を抱く西帰浦市

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.02.15 17:09
0
‘冬季合宿のメッカ’済州道西帰浦(チェジュド・ソグィポ)が「北東アジア合宿のメッカ」に進化している。 暖かい気候と天恵の練習条件のため、西帰浦に韓国プロサッカーチームが集まっている。 中国・シンガポールなど外国のチームも来ている。 日本のプロチームさえ誘致すれば、韓日中ウィンターリーグの実現も可能だ。 その夢が熟しつつある。

この冬に西帰浦で合宿を行ったプロチームは16球団のうち7球団。 その数は年々増えている。 その間、西帰浦では主に小中高校および大学のチームが合宿をしてきた。 西帰浦高校のソル・ドンシク監督(52)は「この冬だけでも130チームが西帰浦を訪れる予定」と伝えた。 99年に済州に来たソル監督が「合宿誘致」アイデアを出し、西帰浦市の公務員と住民が積極的に協力した。 現在では冬季合宿だけで年間1000億ウォン(70億円)の収入があり、グラウンド不足のため合宿を希望するチームを受け入れられないほどだ。

暖かい気候と海外合宿に比べて安い費用が、西帰浦を訪れる最も大きな理由だ。 練習試合を通して実戦感覚を高めることもできる。 毎年冬に西帰浦を訪れる水原(スウォン)市庁のチョ・ドクジェ監督(47)は「南海(ナムヘ)も環境はいいが、練習場と宿舎の距離、天候などを考えると西帰浦がもっといい」と述べた。 現在、西帰浦は「合宿のメッカ」からさらに進んで、「韓中日統合ウィンターリーグ」を準備している。

中国プロチームの天津泰達は昨年まで2年連続で西帰浦で合宿を行った。 李林生(イ・イムセン)監督が率いるシンガポールのホームユナイテッドも昨年、西帰浦に来た。 まだ日本プロチームは風の強さのため西帰浦には来ていない。 ソル監督は「風が吹かないところに天然芝2面ほど準備すれば、韓日中のウィンターリーグも十分に可能。 現在のサッカー場の数では海外プロチームを受け入れるのに十分でない。 市の関係者がウィンターリーグの経済効果を考えて積極的に取り組むのがよい」と述べた。

金鎬坤(キム・ホゴン)蔚山(ウルサン)監督(61)も「日本のプロチームは風が吹かないところにサッカー場があれば西帰浦で合宿をすると話していた。 日本・中国チームが西帰浦に来れば海外に出て行く必要はない」と語った。

現在、西帰浦にはグラウンド10面が造成されている。 コルメ球場(人工芝2面)とヒョドン球場(人工芝2面、天然芝1面)は幼少年と大学チームが主に使用する。 市民球場・中文球場・済州W杯競技場にカンチャンハク球場(2面)を合わせると天然芝球場は6面。 各球場が西帰浦市内を中心に2、3キロ間隔で集まっているため、移動もしやすい。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>「日本さえ参加すれば…」 韓日中冬季リーグの夢を抱く西帰浦市

    2012.02.15 17:09
    뉴스 메뉴 보기
    漢拏山が見渡せる西帰浦コルメ球場。 (写真=西帰浦市提供)
    TOP