주요 기사 바로가기

世界最速スパコン、韓国研究陣が開発

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.02.15 12:09
0
スーパーコンピューターといえば、速度が非常に速く、数百億ウォンにのぼる高価な装備を思い出す。こうした固定観念を破る画期的な技術が開発された。

ソウル大コンピューター工学科の李在鎮(イ・ジェジン)教授(写真)チームは、低価格で1ノード(node)当たり世界最速のスパコンを開発したと14日、明らかにした。

GPU(画像処理用の集積回路)を1ノード当たり最大6つ連結し、グラフィック処理の代わりに一般計算をする方法を使った。また各GPUに計算量を適切に分散調節できる新しいソフトウェアを開発し、適用した。今までのスパコンは1ノード当たりCPUやGPUを1-4個を連結するにとどまり、計算速度を高めにくかった。ノードとは、複数のCPUやGPUが一つに連結した地点をいう。

研究チームは16個のノードに96個のGPUを持つスパコンを開発し、「スヌコア」(SnuCore)と名づけた。1ノード当たり処理速度は0.991TFLOPS。1TFLOPSは1秒当たり1兆回の実数計算ができる速度をいう。

部品は個人コンピューター用を購入して使った。製作費用は1TFLOPS当たり1300万ウォン(約95万円)で、世界最速スパコンである日本のKコンピューターの12分の1にすぎない。しかし1ノード当たりの計算速度は約7倍も速い。商用化のためには関連応用ソフトウェアなどが同時に開発されなければならない。

李教授は「汎用部品を使っているので費用があまりかからず、ノードの数は1000個まで増やせる」とし「韓国も独自の技術でスパコン強国と肩を並べられるきっかけを作った」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP