주요 기사 바로가기

日本人牧師、慰安婦少女像に謝罪の演奏

ⓒ 中央日報日本語版2012.02.14 12:01
0
日本人牧師が慰安婦問題を謝罪するとして、在韓日本大使館前に設置された慰安婦少女像(平和の碑)に「鳳仙花」を演奏して聴かせた。

野村基之牧師(81)は13日午前10時30分ごろ、日本大使館前にある平和の碑に花を供えて黙祷し、準備してきたフルートと楽譜を取り出して演奏を始めた。

野村牧師は「5歳の時から朝鮮の人たちがが差別されるのを見ながら、心が痛んだ」とし「75年間感じてきたことを心に込めて演奏したかった」と述べた。続いて「鳳仙花は慰安婦の女性に大きな意味がある音楽だと思う。日本の侵略がなかったとすればこの曲も誕生しなかっただろう」と話した。

野村牧師は1970-80年代、韓国の清渓川(チョンゲチョン)付近の貧しい人たちを対象に救済活動をしていた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP